話題の 360度カメラInsta360 ONEを約1万円安く買う方法

前回はPC用にスピーカーを購入して失敗したことを紹介しました。

今回は各所で話題となっているInsta360 ONEという360度カメラ(全天球カメラ)の話題です。

このカメラは国内の代理店(ハコスコ)を通して購入すると42,999円となかなか高価な物ですが、これをある工夫で1万円ぐらい安く購入する方法を紹介します。

実際、私の場合は32,300円ぐらいで入手することに成功しました。

Insta360 ONE

Insta360 ONEは中国・深圳のベンチャー企業が開発した360度カメラ(全天球カメラ)です。

公式ページは下記になります。

Insta360 cameras empower people to freely share experiences no matter the time or place. One-touch 360 live-streaming on Facebook, Twitter and YouTube.

この製品の特徴は

  • 高解像度の動画・静止画撮影機能(動画が3840×1920、静止画6912×3456)
  • 強力な手ぶれ補正機能、天頂補正機能
  • マトリックス風の動画を作成する「バレットタイム」機能
  • 撮影した360動画から自由にフルHD動画を生成できるiPhoneアプリ

などなど、興味深いことが多くあります。

特に「バレットタイム機能」は話題を呼んでおり、多くのガジェット系サイトにレビューが記載されています。

Engadget 日本版 YouTubeチャンネルより。バレットタイム撮影で強烈なインパクトを与えている360度カメラの新製品「Insta360 ONE」で色々撮影してみました。 まずは360度カメラとしての基本性能について。従来機のInsta360 Nanoは静止画も動画も3K解像度(3040x1520)でし...
手軽に全方位の風景を撮影できる360度カメラ「Insta360シリーズ」から新製品「Insta360 ONE」が登場しました。 Insta360 ONEは、単体で360度撮影に加えて、iPhoneとLightning端子で接続することでiPhoneがモニターになったり、撮影した動画や画像をFacebookやYou.....
SNSに即アップできる手軽さからスマホで撮影するのがデフォルトの現在、カメラ専用機を持ち出す機会は激減しています。このカメラ氷河期時代でも人気を集めているのが360度カメラ(全天球カメラ)です。なかでも注目されているのが「Insta360 ONE」。映画「マトリックス」で衝撃を与えた「バレットタイム撮影」を可能にした3...
リコーの「THETA」に強力なライバル出現である。全天球カメラ「Insta360 ONE」で静止画から動画といろいろ遊んでみよう。

このInsta360 ONEはすでに日本に代理店があり、正規販売されています。一番有名なのが「ハコスコ」というVR系の会社です。

この記事を書いた時点ではAmazonで42,999円(税込み)となっています (楽天だとほぼ同額でポイントがつきます)。

約1万円安く買う方法

このInsta 360 ONEを1万円ぐらい安く買おうというのが今回の記事です。

その方法はというと個人輸入です。

Insta360 ONEは海外製品なので現地の通販サイトから直接購入するのが安いと言うわけです。Insta 360も本拠地は中国・深圳なので中国系の通販サイトを使うことになります。

私はTOMTOPというサイトで、Insta360 ONEを283.19ドルで購入することに成功しました。1ドル114円とすると約32.300円となります。

TOPTOPでのInsta360 ONEで購入した様子

購入の準備

中華通販サイトのTOMTOPで購入するためにはちょっと前準備が必要です。

準備は「PayPalアカウント」の作成と、「TOMTOPへのユーザ登録」です。

GearBestでもTOMTOPと同価格で販売していますが、試したところ日本への発送はできませんでした。

PayPalアカウントの用意

中華通販サイトで購入するためには、まず、決済サービスのPayPalのアカウントを作っておくことをおすすめします。

クレジットカードでも支払いはできますが、万が一、商品が届かない場合はPayPalで購入しておいた方がいろいろ交渉がしやすいです。

PayPalアカウントの作成はPayPalのサイトの「新規登録」から行います。

作成するアカウントの種類は「パーソナルアカウント」でOKです。

TOMTOPへのユーザ登録

続いて中華通販サイトのTOMTOPにユーザ登録(アカウントの作成)をします。

ユーザ登録の仕方は下記で紹介しているので参照してください。

今回は中国の通販サイトであるTOMTOPの使い方について紹介します。Webサイトも日本語化され、決済も日本円対応となっており、日本の消費者を取り込みたいという意欲を感じる作りです。スマホやタブレットなどの中華ガジェットを探すときにはTOMTOPも比較対象にするとよいでしょう。

価格とクーポンのチェック

それでは価格をチェックしましょう。下記がTOMTOPのInsta360 ONEへのリンクです。私がチェックした時点では299.00ドルでした。

2017/11/06時点で299.00ドル!

この値段で購入しても良いのですが、中華通販サイトは頻繁に割引クーポンを配布しており、運が良いとInsta 360 ONEのクーポンがあったりします

私が購入した時も価格は299ドルだったのですが、クーポンを適用した結果、283.19ドルで購入できました。

クーポンについては下記で紹介しているので、注文をする前にチェックしておくことをおすすめします。

このページではTOMTOPのマーケティング担当者から紹介があったセール情報・クーポン情報のうち、私が面白いと思ったものを記載してみます。 情報が入ったら随時更新するようにしてきます。

ちょっと条件が厳しいですが、期間限定でさらにお得に購入する方法があります。

独身の日(11月11日)のプロモーションで、500ドル以上の注文と一緒にInsta 360 ONEを購入すると60ドル引きになるようです。

The 11.11 sales storm for add-one item, including smartwatch phone, rc toys, sport camera, gimbal, card reader, gaming headset, DLP projector, smart watch, tran...

TOMTOPのプロモーション

ただ、いま試したらうまく割り引かれなかったので11月11日だけかもしれません。

注文

価格とクーポンをチェックしたら、下記に従って注文しましょう。

このページではTOMTOPのマーケティング担当者から紹介があったセール情報・クーポン情報のうち、私が面白いと思ったものを記載してみます。 情報が入ったら随時更新するようにしてきます。
このページではGarBestのマーケティング担当者から紹介があったセール情報・クーポン情報のうち、私が面白いと思ったものを記載してみます。 情報が入ったら随時更新するようにしてきます。

注意点が配送方法です。

配送方法は無料の「Standard Shipping」と有料の「Expedited Shipping」が選択できます。

配送方法の選択

安く購入したい場合は無料のStandard Shippingにすることをおすすめします。

Standard Shippingでも追跡番号が発行されるため、配送状況は把握できます。

あまり詳しく書けませんが、Standard Shippingの方が税関のチェックが甘いとという理由もあります。

入手までの時間

気になる配送ですが、私の場合はシンガポールポスト(シンガポールの郵便局)によりシンガポール経由で送られてきました。

これは中国の郵便局がバッテリー入りの製品の配送を行わないからだと思います。

配送は下記のような日程で進みました。

イベント 日付
注文 2017/9/25
出荷連絡 2017/10/9
中国出発 不明
中継国(シンガポール)通過 2017/10/16
日本到着 2017/10/17
通関 2017/10/18
到着 2017/10/18

注文から出荷まで2週間かかっているため、かなり待つことになりました。

これは注文したタイミングが悪く、中国の大型連休(国慶節)を挟んでしまったため処理が滞ってしまったのだと思います。

私の経験では大体2週間ぐらいで届きます。

実際に入手した製品

気になるのは中華通販サイトで購入した製品が大丈夫かどうか、ということです。

私がTOMTOPから入手したInsta360 ONEはちゃんとビニールラッピングがされている新品でした。

入手したInsta360 ONEのパッケージ

製品を確認してみるとちゃんと技適マークがついており、日本での利用も全く問題ありません。

技適マーク

マニュアルも日本語の記載があります。

マニュアル(日本語記載あり)

おそらく日本国内で流通している製品と同一の物だと思います。

中華通販サイトで購入したからと言って、仕様が違う製品をつかまされるということはないようです。

注意点

ここまで説明したように、中華通販サイトTOMTOPを使うと為替レートやクーポンに寄りますが、日本で購入するより約1万円安く購入することができます。

しかし、メリットだけでなくデメリットもあります。

例えば以下の点です。

  • 配送に時間がかかる
    配送には2週間程度は覚悟した方が良いです。大規模セールや中国の祝日に当たるとさらに時間がかかる恐れもあります。
    旅行前に入手したいなどの、急ぎの場合は向きません。
  • 国内サポートが無い
    到着時に不良品だった場合はTOMTOPに問い合わせる必要があります。このときには英語が必要です。
    さらに、返品の場合に送料が高くなることも予想されます。
    また、故障などの場合は、メーカーに直接英語で交渉する必要が出てきます。
  • 配送事故の可能性がある
    海外から日本に送るため、その途中で紛失したり、破損したりする恐れがあります。
    ただInsta360 ONE場合は価格が高いため、無料配送でもトラッキングできるため、紛失の可能性はかなり少ないと思います。

海外通販というと敷居が高いように感じますが、インターネットが発達した今日ではかなり簡単になっています。

これらのデメリットを把握したうえで、挑戦してみてください。

2017/11/06時点で299.00ドル!

まとめ

今回は話題の360度カメラInsta360 ONEを約1万円安く入手する方法を紹介しました。

その方法とは中華通販サイトTOMTOPから個人輸入してしまうと言うことです。実際にクーポンをうまく使って私は283.19ドル(約32.300円)で乳周することができました。配送に時間がかかった物の、国内販売品と同様の物が入手できたのでかなり満足です。

次回は中華フィットネストラッカーHuawei Honor Band 3を紹介したいと思います。

このIsnta360 ONEのレビューは後日行いたいと思います。