iPhone SEで遊ぶ その6: iOS 12にアップデートする

前回までは小物のレビューを続けてきました。今回は久々にiPhone SEのネタです。

いろいろ報道があるようにiOS 12がリリースされたので、個人輸入したSIMフリー版のiPhone SEにインストールしてみました。

前回のiPhone SEネタは下記になります。

今回はSIMフリー版のiPhone SEのiOSを11.3にアップデートしてみます。iOS 11.3からバッテリー状態が表示されるようになり、客観的にバッテリー劣化状態を把握できるようになりました。バッテリー交換のタイミングがわかりやすくなったはありたいのではないかと思います

iOS 12

iOS 12は2018/09/17にリリースされたiOSの最新版です。

iOS 12は、本日より提供される無料アップデートにより、iPhoneとiPadにパフォーマンスの改善とエキサイティングな新機能をもたらします。

iOS 12ではiPhone SEのサポートは外れるかもという噂もありましたが、うれしいことにiOS 12はiPhone 5s以降に適用できるということでiPhone SEにも対応しています。

これで少なくてもあと1年はiPhone SEは使えそうです。

iOS 12には様々な機能が追加されていますが、iPhone SEでは使えない機能もあります。

そんな中でもiPhone SEユーザにとって気になるiOS 12の更新点は

より速く、より反応よく

iOS 12は、2013年発売のiPhone 5sまで遡って対応機種とし、過去のどのバージョンよりも多くのiOSデバイスについてシステム全般のパフォーマンスを改善します。カメラは最大70%速く立ち上がり、キーボードは最大50%速く表示され、タイピングの反応もいっそう機敏になっています。システム全体で多くの作業が行われているときでも、アプリケーションはこれまでと比べて最大2倍の速さで立ち上がります。

につきるのではないかと思います。

レスポンスが良くなるなら是非試したいところです。

アップデート前の状態

アップデート前の状態をチェックして起きます。

「設定」→「一般」→「情報」で確認したのが下の画面です。

アップデート前の状態

iOSのバージョンは「11.3 (15E216)」、モデムファームウェアのバージョンは「6.55.00」になっています。

iOS 12へのアップデート

アップデートは「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」で行うことができます。

この画面でiOS 12が表示されていれば「ダウンロードとインストール」を選択するとアップデートを開始することができます。

ソフトウェアアップデート

iOS 11.2からiOS 11.3へのアップデート時は、ファイルサイズは705.6MBでした。

iOS 12ではファイルサイズが1.37GBと倍近くなっていて、変更点が多いことがわかります。

なお、「詳しい情報」を選択すると、iOS 12での変更点が表示されます。

このアップデートについて

パフォーマンス

写真

カメラ

メッセージ

スクリーンタイム

おやすみモード

通知

Siri

拡張現実

計測

プライバシーおよびセキュリティ

Apple Books

Apple Music

株価

ボイスメモ

Apple Podcast

アクセシビリティ

その他の機能

注意点

すごい量の変更点です・・・

「ダウンロードとインストール」を選択するとパスコードの入力画面になります。

パスコードを入力

正しいパスコードを入力すると下の画面になります。

利用規約が更新されているようなので「iOS利用規約」「iCloud利用規約」「Game Center利用規約」を確認して「同意する」を選択します。

利用規約

利用条件のウィンドウがでたら「同意する」を選択します。

同意する

これでダウンロードを開始します。1.3GBもあるので回線によりますがかなり時間がかかります。

ダウンロード中

ダウンロードが完了するiOSのアップデートが始まります。

これも結構時間がかかります。私の場合はダウンロードとアップデートで合計30分ほどかかりました。

アップデートの完了

「続ける」選択すると、今後はiOSのアップデートを自動で行うかどうかを聞かれます。

私はアップデートのタイミングは自分でコントロールしたいので「手動でアップデートをインストール」を選択しました。

自動アップデートの設定

次の画面では、新機能である「スクリーンタイム」について情報が表示されます。

私はこの設定をあとで行うので「設定であとで設定」を選択しました。

スクリーンタイム

これでアップデート完了です。

ようこそiPhoneへ

アップデート後の状態

アップデート後に「設定」→「一般」→「情報」で確認したのが下の画面です。

アップデート後の状態

変更があったのは「バージョン」「キャリア」「モデムファームウェア」です。

アップデート前 アップデート後
バージョン 11.3 (15E216) 12.0 (16A336)
キャリア ドコモ 32.1 ドコモ 33.0
モデムファームウェア 6.55.00 7.10.00

モデムファームウェアのバージョンが大きく上がってちょっと心配でしたが、ドコモ系のMVNO (So-netのゼロSIM)で通信できることは確認しました

iOS 12の使用感

さて肝心のiOS12の使用感ですが、正直なところよくわかりません。

なぜなら私はAndroidがメインでiPhone SEはサブ用に持っているだけで、そもそもiPhone SEを使い込んでいないのです。

使い込んでいないので、ちょっと変わったぐらいでは違いがわかりません。

ただ、ちょっと思ったのがバッテリー持ちが良くなった気がします。

正確に言うと「操作しない待ち受け状態での電池消費が減った気がする」というところです。

丸一日ほぼ放置したあとに、「設定」→「バッテリ」で確認したのが下記の画面です。

バッテリー

1日放置しておくと大体10~15%減るという感じです。

まあ、アップデート前のデータが無いので客観的な比較はできないのですが・・・

まとめ

今回は個人輸入したiPhone SE (アメリカ版)をiOS 12へアップデートしてみました。

アメリカ版でも全く問題なく日本語でアップデートできるのはありがたいところです。

ただ、毎度のことですがiPhoneに慣れていないため、更新のありがたみがざっぱりわから無いのが悲しいところです。