3 in 1のメモリカードリーダを試す

前回は海外通販のGearBestで小物を入れるポーチをいろいろ買ってみたことを紹介しました。

今回はGearBestで購入したmicroSD/SDカードリーダーを紹介したいと思います。

なおGearBestで購入してみようというと言う方は下記を参照してみてください。

GearBestでメモリカードリーダを買う

今回購入したメモリカードリーダは下記の製品です。

配送はGearBest独自のJapan Priority Laneで次のような日程で行われました。

イベント 日付
注文 2018/11/11
発送連絡 2018/11/15
日本到着 2018/11/18
配送完了 2018/11/19

配送までにかかった日数は8日、土日を除く営業日だと6日でした。Japan Priority Laneだったせいか中華通販にしてはかなり早く到着しました。

3 in 1のメモリカードリーダ

到着したメモリカードリーダはしっかりとしたパッケージに入っていました。

メモリカードリーダのパッケージ

裏側には商品の説明が書かれています。

メモリカードリーダのパッケージ

パッケージからカードリーダ本体を取り出しました。ちょうどUSBメモリのような感じです。材質はプラスチックですが金属っぽい塗装になっているので安っぽさはありません。

3 in 1 メモリカードリーダ

側面にはSDカード用とmicroSDカード用のスロットがそれぞれ一つずつ用意されています。

3 in 1 メモリカードリーダ

カードスロットは浅いのでSDカードを挿すと三分の二ぐらいは飛び出ます。

SDカードを挿入した状態

microSDカードの場合は半分ぐらい飛び出ます。

microSDカードを挿入した状態

左側のキャップを出てくるとUSB Type-Cコネクタが出てきます。

USB Type-Cコネクタ

PCにUSB Type-Cのポートがあればこのコネクタを差せばメモリカードリーダをして使うことができます。もちろんUSB Type-Cを備えたスマートフォンならこのメモリカードリーダを使うことができます。

反対側のキャップを外すとUSB Type-Aのコネクタが出てきます。従来のUSBポートがあるPCにはこちら側をさしてメモリカードリーダとして使うことができます。

USB Type-Aコネクタ

このUSB Type-Aコネクタ側には実はmicroUSBコネクタも隠されています。USB Type-Aコネクタに埋まっているコネクタを引っ張り出すとmicroUSBコネクタが出てきます。

microUSBコネクタ

コネクタの側面から見るとこんな感じになります。

microUSBコネクタ

スマートフォンのUSBコネクタがmicroUSBの場合は、この引っ張り出したmicroUSBコネクタを差すとこのカードリーダを使うことができます。

つまり、USB Type-C・USB Type-A (普通のUSB)・microUSBの3つのポートに接続できるので「3 in 1」というわけです。

PCで使ってみる

まずはこのメモリカードリーダをPCで使ってみます。

残念ながらUSB Type-Cポートを持つPCを持っていないので、試すのはUSB Type-Aです。

SDカードをメモリカードリーダに装着した状態で、このカードリーダをPCに接続すると当たり前ですが、新しいドライブが現れてSDカードの中身が見えるようになります。

Windowsで認識した状態

もちろんmicroSDカードを装着してPCにカードリーダを接続するとmicroSDカードの中身が見れます。

ただし、microSDカードとSDカードの両方は同時に使えません。

私が試した限りではmicroSDカードとSDカードの両方を装着した場合は、SDカードのみアクセスすることができました。

気になるのはこのメモリカードリーダがUSB 3.0に対応しているかどうかです。USB Type-Aコネクタが青色になっているので、USB 3.0に対応していることを期待しています。

そこで、Linuxに接続してディスクリプタを確認してみたところ次のようになりました。

Bus 001 Device 005: ID 1908:0226 GEMBIRD
Device Descriptor:
  bLength                18
  bDescriptorType         1
  bcdUSB               2.00  ★★
  bDeviceClass            0 (Defined at Interface level)
  bDeviceSubClass         0
  bDeviceProtocol         0
  bMaxPacketSize0        64
  idVendor           0x1908 GEMBIRD
  idProduct          0x0226
  bcdDevice            1.11
  iManufacturer           0
  iProduct                0
  iSerial                 0
  bNumConfigurations      1
  Configuration Descriptor:
    bLength                 9
    bDescriptorType         2
    wTotalLength           32
    bNumInterfaces          1
    bConfigurationValue     1
    iConfiguration          0
    bmAttributes         0x80
      (Bus Powered)
    MaxPower              150mA
    Interface Descriptor:
      bLength                 9
      bDescriptorType         4
      bInterfaceNumber        0
      bAlternateSetting       0
      bNumEndpoints           2
      bInterfaceClass         8 Mass Storage
      bInterfaceSubClass      6 SCSI
      bInterfaceProtocol     80 Bulk-Only
      iInterface              0
      Endpoint Descriptor:
        bLength                 7
        bDescriptorType         5
        bEndpointAddress     0x01  EP 1 OUT
        bmAttributes            2
          Transfer Type            Bulk
          Synch Type               None
          Usage Type               Data
        wMaxPacketSize     0x0200  1x 512 bytes
        bInterval               0
      Endpoint Descriptor:
        bLength                 7
        bDescriptorType         5
        bEndpointAddress     0x81  EP 1 IN
        bmAttributes            2
          Transfer Type            Bulk
          Synch Type               None
          Usage Type               Data
        wMaxPacketSize     0x0200  1x 512 bytes
        bInterval               0

bcdUSBフィールドが「2.00」なのでUSB 3.0ではなくUSB 2.0のデバイスのようです。

Androidで使ってみる

USB Type-CコネクタがあるのでAndroidでも使ってみます。

今回使ったAndroidスマホはGoogleのPixel 2です。OSはAndroid 9 (Pie)です。

SDカードを装着したメモリカードリーダをPixel 2のUSBポートに挿すと次のような通知が出ます。

Androidの通知

ここで外部メディアを選択するとファイルアプリが立ち上がりメモリカードの中身が表示されます。

Androidが認識したSDカード

例えばデジカメで使っていたSDカードを挿入すれば、撮影した画像をすぐに確認することができます。

SDカードの中身

もちろんこの画面から画像を選択して、SNS等にシェアすることもできます。

最近のデジカメはWi-Fiに対応しているので、撮影した画像データはWi-Fiでスマートフォンで取り込むことができますが、データが多いときやデジカメのバッテリーが心配なときはメモリカードリーダが便利ではないかと思います。

なお、メモリカードリーダが使い終わったら通知エリアで「取り外し」を選ぶようにしましょう。

USBドライブの取り外し

まとめ

今回は海外通販のGearBestで3 in 1のメモリカードリーダを購入したことを紹介しました。

メモリカードリーダは100円ショップでも買うことができますが、今回買ったメモリカードリーダはUSB Type-C・USB Type-A・microUSBの3つのポートに対応しているちょっと変わった物です。

スマートフォンにも使うことができるので一つ持っておくと便利だと思います。

次回はGearBestで福袋を買った結果を紹介します。