KickStarterにブロックチェーン対応NAS Ubbey NEXTがまもなく登場!

今回はクラウドファンディングサイトのKickStarterに面白い製品が登場したことを紹介します。

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとはインターネットを通じて多くのユーザから資金を調達する方法です。

優れたアイデアを持っていても製品化や製造を行う資金がないベンチャーが活用する資金調達方法です。

このクラウドファンディグのプラットフォームとして世界的に有名なのが「Indiegogo」「KickStarter」の二つです。

Kickstarterは、映画、音楽、アート、シアター、ゲーム、コミック、デザイン、写真など、多種多様なクリエイティブプロジェクトを実現させるための場です。

今回はこの「KickStarter」に登場予定のプロジェクトです。

Ubbey NEXT

今回紹介するのは「Ubbey NEXT」というデバイスです。

どのような製品かというとルービックキューブのような立方体のデザインをしたNASです。

Ubbey Next

公式サイトは下記になります。

「キューブ型」「NEXT」と聞いてかつてのNeXTコンピュータを思い出した方はかなり鋭い方です。このUbbey NEXTは単におしゃれなNASというわけではなく、NeXTコンピュータのように次世代の基盤となる製品を目指しているようです。

Ubbey NEXTの特徴

Ubbey NEXTの使用についてはまだ全てはまだ明らかになっていません。

しかし、現時点で明らかになっているものは次の通りです

  • ブロックチェーンに技術に基づく分散型ネットワークストレージ
  • 様々な拡張モジュール
  • スタック可能なデザイン

これらの特徴をかんたんに紹介していきます。

ブロックチェーン技術に基づく分散型ネットワークストレージ

現在は個人的なデータを保存する場合はPCやスマートフォンのような個人所有のデバイスに保存するか、DropboxやOneDriveのようなクラウドサービスを利用することになると思います。

しかし、個人所有のデイバスは紛失する恐れがありますし、クラウドサービスはサブスクリプションの料金が必要だったり、サービスの停止などのリスクがあります。

そこで、Ubbey NEXTは「Decentralized (非集中型・分散型)」をコンセプトに、データを複数のUbbey NEXTに分散して保管する仕組みを提供するようです。

しかも分散先となるUbbey NEXTは自分が所有しているUbbey NEXTだけというわけではなく、他のユーザのUbbey NEXTであることもあり得るようです。

もちろん分散するデータは暗号化されますので中身を知られる心配はありません。

自分の持っているUbbey NEXTにも他のユーザのデータが保管されることもあり得ます。このように各ユーザがストレージの空き領域を出し合い、P2Pで通信することにより、分散型のネットワークストレージを実現するようです。

Ubbey Next

こう記載すると難しそうに見えますが、このような複雑なことはバックグラウンドで行われ、ユーザから見ると単に自分のデータにどこからでもアクセスできるクラウドストレージのように見えます。

様々な拡張モジュール

Ubbey NEXTには機能を拡張するための様々な拡張モジュールが企画されています。

  • Ubbey E
    これはストレージ容量を増加させるためのモジュールです。
    Ubbey NEXTのストレージサイズは1TBですが、拡張モジュールUbbey Eによってストレージサイズを増やすことができます。Ubbey Eのサイズは1TB・2TB・3TB・4TBが用意されています。
  • Ubbey T
    Wi-Fi機能をするための拡張モジュールです。
    Ubbey Tがあれば電源ケーブルのみで利用できるようになるはずです。Ubbey NEXTをインテリア代わりに使おうという方にはUbbey Tが重要なのではないかと思います。
  • Ubbey X
    まだまだ企画中という意味で「X」のようです。
    ネタとしてはIPカメラなどの拡張を考えている様子です。

ユーザのユースケースに合わせて拡張できるというのは面白いのではないかと思います。

スタック可能なデザイン

上のセクションでUbbey NEXTには様々な拡張モジュールが用意されているという話をしました。ああとはそれをどうやってUbbey NEXTとつなげるかという話になるともいます。

実はUbbey NEXTには拡張用の端子が表面についていて、拡張モジュールをそこに合わせて積み重ねると接続することができます。

スタック可能なデザイン

この写真ではわかりやすくするためにバラバラに描かれていますが、このようにUbbey NEXTの上に拡張モジュールをスタックするだけで機能拡張ができます。

積み重ねるだけだと安定性が心配になるところですが、Ubbey NEXTではマグネットの力でしっかりと固定することができます。

KickStarterでのクラウドファンディング

実はこの記事を書いている時点ではまだクラウドファンディングは開始していませんし、KickStarterのサイトを見てもUbbey NEXTはありません。

しかし、公式サイトを見るとKick Starterのロゴがあるので、Kick Starterでクラウドファンディングする可能性は濃厚です。

早い段階でクラウドファンディングで出資すると割引が得られます。

この商品に興味がある方はオフィシャルサイトでメールアドレスを登録しておくと良いと思います。

メーリングリストへの登録

まとめ

今回はクラウドファンディングサイトKick Starterに、キューブ型のNAS Ubbey NEXTが登場しそうなことを紹介しました。

このNASは単なるストレージというだけでなく、ブロックチェーン技術を使って複数のUbbey NEXTにデータを分散して保存できるなど面白い仕掛けがたくさん用意されています。詳細な情報発表が楽しみな製品です。