ザンビアでプリペイドSIMを使う その4: MTNのデータ通信設定

ビクトリアの滝

前回はザンビアのMTNのプリペイドSIMカードの初期設定を紹介しました。

今回はMTNのプリペイドSIMカードでデータ通信をするための設定を紹介したいと思います。

MTNでデータ通信

プリペイドSIMカードでデータ通信をするためには、通常は通信容量と期間が決められたインターネットパッケージ(Data Bundle)を購入する必要があります。

インターネットパッケージがなくてもデータ通信ができますが、その場合は従量制となりあっという間に残高を使い切ることになります。

インターネットパッケージの種類

MTNの公式サイトによると、プリペイドSIMカードのインターネットパッケージは「Daily(1日)」「Weekly(7日)」「Montly(1ヶ月)」の期間ごとにデータ通信量が選べる形になっています。

At MTN we have a bundle to suit all your needs – choose from Prepaid core bundles, night and weekly bundles or post-paid bundles.

MTNのインターネットパッケージ

実は今回は出国の半日前にプリペイドSIMカードを買ったので、1日300MBのパッケージを申し込むことにしました。価格は24クワチャなので、残高の30クワチャで購入可能です。

インターネットパッケージの申し込み

インターネットパッケージの申し込みは「*335#」です。

インターネットパッケージの申し込みコマンド

「*335#」を実行すると画面に次のようなメニューが出ます。ここでは「1」を入力します。

#335*のメニュー

次にインターネットパッケージのカテゴリを選択します。期間が1日のパッケージの場合は「1」を、7日間の場合は「2」を、1ヶ月の場合は「3」を選択します。今回は1日のパッケージなので「1」を選択します。

パッケージのカテゴリの選択

これで1日用のインターネットパッケージの一覧が表示されます。今回は300MBを申し込むので「5」を選択します。

パッケージの選択

インターネットパッケージを申し込むと「1回限り」か「自動継続」か聞かれます。今回は1回限りなので「1」を選択します。

自動更新の有無の選択

次に支払方法を選択します。通常は「1」のAirtimeです。残高からの支払いになります。

支払方法の選択

最終確認です。選択したインターネットパッケージに間違いななければ「1」を入力します。

最終確認

これで申込み完了です。次のようなメッセージが表示されます。

申し込みの完了

これでインターネットパッケージの申し込みは完了・・・のはずです。

申し込み失敗!?

ところが10分ほどたって送られてきたのは次のようなSMSです。

申し込みの失敗

どうやらインターネットパッケージ(DATA bundle)の購入に失敗してしまったようです。

何とかインターネットパッケージの購入の手順を繰り返してみたものの、同じSMSが送られてきます。

試しに支払をAirtimeではなく「Mobile Money」にしてみましたが、Mobile Moneyに登録していないので当然こちらも失敗です。

Mobile Moneyでも失敗

結局、私は時間切れでインターネットパッケージの申し込みに成功することがありませんでした。

店舗での登録作業にミスがあったのか、アクティベーションしてからある程度の時間が経過しないといけなかったのかもしれません。

APNの設定

インタネットパッケージに申し込みに失敗しましたが、試しにAPNを設定してモバイルデータ通信をONにするとデータ通信はできるようになりました。

APN設定は次の通りです。

APN internet  (defaultでもよさそう)
ユーザ名 なし (空欄)
パスワード なし (空欄)

まとめ

今回はザンビアMTNのプリペイドSIMカードでデータ通信の設定を行ったことを紹介しました。

なんと事前に調査した方法ではインターネットパッケージの申し込みに失敗するという事態になってしまいました。MTN店舗での登録作業に何か不備があったのかもしれません。

ザンビアMTNのプリペイドSIMカードを使おうという方は、店舗の店員さんの前でインターネットパッケージが有効になるところまで確認したほうがよさそうです。

次回はザンビアMTNのプリペイドSIMカードの実際の使い勝手を紹介します。