ポーランドでプリペイドSIMを使う その9: Orangeの実際の使い勝手

前回はポーランドのOrangeの初期設定を紹介しました。

今回はこのプリペイドSIMカードを実際に使った様子を紹介します。

私がOrangeのプリペイドSIMカードを購入したのは2019年5月になります。状況が変わっているかもしれないのでご注意ください。

データ残量確認

プリペイドSIMカードはあとどれくらい使えるのかが気になるところです。

ポーランドのOrangeでは通話アプリで「*101*01#」に発信すると確認することができます。

確認結果はSMSで送られてきます。

データ残量確認結果

SMSには残りのデータ残量と、有効期限が記載されています。ポーランド語ですが数字のところに着目すれば解読できると思います。

バンド (周波数)

事前の調査ではポーランドOrangeが使用している周波数は次のようになっていました。

Orange3GB1 (2100MHz), B8 (900MHz)
LTEB1 (2100MHz), B3 (1800MHz), B7 (2600MHz), B20 (800MHz)

ポーランド滞在中に実際に確認してみると、ワルシャワなどの大都市部ではバンド1およびバンド7を使っていることが確認できました。

ワルシャワでの様子

地方都市になるとバンド7は見当たらずバンド1とバンド3の組み合わせとなります。

地方都市の様子

さらに人口が少ないエリアとなると今度はバンド20が利用されています。これはバンド20が広い範囲をカバーできる800MHzという周波数を利用しているからだと思います。

郊外の様子

ポーランドを旅行する場合は、

  • ワルシャワ・クラコフなどをメジャーな観光地への訪問が中心
    → バンド1・3への対応が必須。バンド26に対応しているとなお良い。
  • バスや電車で郊外を移動する際も利用したい
    →バンド20に対応している必要がある

となると思います。

通信速度

ポーランとで滞在中に何度か測定してみました。

まずはワルシャワでの測定です。このときはおそらくバンド7を利用していたと思います。

ワルシャワでの通信速度 1

ワルシャワでの通信速度 2

2回測定して2回とも50Mbpsを超える高速な結果となりました。

また地方都市で測定した場合でも40Mbpsを超えました。

地方都市での通信速度

実はこのときは室内での測定とちょっと条件が悪かったのですが、それでもこの速度が出るのですからかなり満足度が高いです。ホテルのWi-Fiより速い可能性もあります。

最後に郊外(高速のサービスエリア)で測定した結果を紹介します。

郊外での通信速度

ややスピードが下がりました。これは郊外では速度よりカバレッジ重視のバンド20を利用しているためと思います。

もちろん20Mbpsでていれば地図やWebなどは問題なく利用できます。

サービスエリア (カバレッジ)

Orangeのカバレッジは人口に対して99.85%ということですので、人が住んでいるところならまずつながると考えてよいと思います。

実際に使ってみても圏外になることはありませんでした。また、3Gになったこともなかったと思います。

よほどの僻地に行かない限り大丈夫だと思います。

まとめ

今回はポーランドOrangeのプリペイドSIMカードを実際に使った様子を紹介しました。

通信速度も速く、カバレッジも良いため、非常に使い勝手がよいプリペイドSIMカードと感じました。価格も安くデータ通信量も多いのでOrangeはお勧めできるプリペイドSIMカードです。

次回はこのプリペイドSIMカードをドイツで使った話を紹介します。