メキシコでプリペイドSIMを使う その6: Telcelの使い勝手

チチェン・イツァー

前回はメキシコのTelcelのステータス確認方法と通信速度について紹介しました。

今回はメキシコ編のラストとして、サービスエリア情報など実際の使用感を紹介したいと思います。

サービスエリア(カバレッジ)

Telcelのサービスエリア(Coverage)については下記のWebページから確認することができます。

The greater coverage across the country. If you come to Mexico, Telcel helps you to be always connected.

しかし、州名・自治体名・町名を入力(選択)しなければならず、メキシコの地理に詳しくない人には使いにくいのが難点です。

そこでネットを探したところ地図から調べることのできるページを発見することができました。

日本からの旅行者が多いと思われるユカタン半島の状況は次のようになっていました。

  • GSM(2G)
    GSMのカバレッジ
  • 3G 850MHz
    3Gのカバレッジ

GSM(2G)は幹線道路はすべてカバーしている一方、3Gについては幹線道路沿いでも集落のある部分のみ展開されていることがわかります。

実際の使用感としても同様な感じで、宿をとるような街では3G(UMTSかHSPA+)が使用できたと記憶しています。

また、メキシコ・シティですが、ここはほぼ3Gが利用できると考えて大丈夫です。ただし、地下鉄では3Gが使用できず、GSMのみが利用できました。

発生した問題

順調に使えていたかのようなTelcelのプリペイドSIMカードですが、途中でかなり悩まされた問題がありました。

「パケ詰まり」です。

日本国内でもパケ詰まりらしき現象に遭遇することがありますが、しばらく(数十秒?)すると復帰して通信できるようになります。

しかし、Telcelの場合はなかなか復帰せず、いったんフライトモードに入れてから元に戻すなどの作業をする必要があったのが非常に困りました。これがTelcelのせいなのか、私のスマートフォンAQUOS PHONE ZETA SH-02Eのせいなのかは不明です。

テザリング

TelcelのプリペイドSIMカードを入れいている状態でテザリングを試してみましたが、全く問題なく通信することができました。

Telcel側ではテザリングに対して制限はないようです。テザリングが可能なスマートフォンをつっているのならば問題なくテザリングを行えます。

ただ、メキシコは多くのホテルで無料Wi-Fiが整備されているため、テザリングの出番は少なそうです。

まとめ

今回はメキシコのTelcelのサービスエリアやその他の情報について紹介しました。

サービスエリアはメキシコの主要地区は全体をカバーしており使っていて困ることはありませんでした。メキシコを旅行するのであればお勧めの携帯電話会社だと思います。

次回はお隣のグアテマラのプリペイドSIMカードについて紹介します。