クウェートでプリペイドSIMを使う その3: Zainの初期設定

前回はクウェート国際空港でZainのプリペイドSIMカードを購入したことを紹介しました。

今回はこのプリペイドSIMカードを使えるようにしたいと思います。

私がZainのプリペイドSIMカードを購入したのは2019年8月になります。状況が変わっているかもしれないのでご注意ください。

入手したプリペイドSIMカード

入手したプリペイドSIMカードを再度紹介しておきます。

私が購入したのは「eeZee」という名前のスタータパッケージです。価格は5KWDで、初期残高も5KWDとなるようです。

ZainのプリペイドSIMカード 1

ZainのプリペイドSIMカード 2

また、購入するときに店員さんにインターネットを使いたいというと、「『R1』という内容のSMSを『999』に送ると5GB使える」と教えてもらいました。

アクティベーションとインターネットパッケージの購入

アクティベーションする前に、スマートフォンのデータ通信をオフにすることをお勧めします。

というのもアクティベーション後に購入するインターネットパッケージ(eeZee Bundles)の価格が5KWDで初期残高ギリギリだからです。

アクティベーション直後にデータ通信が発生すると残高が減ってしまい、5KWDのインターネットパッケージが買えなくなってしまう可能性があります。

アクティベーションはSIMカードを挿すだけです (おそらく店員さんが店の端末で済ませているのだと思います)。

すぐに電波をつかむので、店員さんに言われたとおり「999」に「R1」というSMSを送ってみます。

インターネットパッケージ(eeZee Bundles)を購入

「You now have eeZee KD 5 – 5GB」となっているので、店員さんお勧めの5GB・5KWDのパッケージが有効になったようです。

有効期間は申し込みから30日間です。

その下に「Choose your add-on」とありますが、これはさらに無料通話やデータ量を追加した場合用です。

行頭の数値を変身すれば、おそらくそのAdd-onが有効になるのだと思います。今回は5GB・5KWDのパッケージで十分なので特に返信する必要はありません。

初期状態の確認

インターネットパッケージの購入が完了した時点でSIMカードの残高を確認してみます。

残高確認は「*142#」です。

残高確認

結果は画面に表示されます。

残り0.10KWD

5KWDのインターネットパッケージを購入した後の残高は0.10KWDとなっていました。

このプリペイドSIMカードの初期残高は実は5.10KWDだったのか、5KWDといわれたインターネットパッケージの価格が実は4.90KWDだったのかのいずれかだと思います。

APNの設定

スマートフォンでインターネット通信をするためにはAPNというのを設定をする必要があります。

Androidの場合は「設定」→「ネットワーク」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」あたりに設定メニューがあります。

私が使用しているスマートフォンGoogle Pixel 2の場合は、BetelcoのAPN情報はプリセットされていたのでAPNを選択するだけでした。

わかりにくいですが選択すべきは一番上の「MI」というAPNです。

APNを選択

プリセットされていたAPNの内容は次の通りです。

ZainのAPN

事前調査したとおり

APNpps
ユーザ名pps
パスワードpps

と設定すれば良いようです。

この状態でスマートフォンのデータ通信を有効にすると無事にLTEで接続されました。

LTEで接続

まとめ

今回はクウェート国際空港で購入したZainのプリペイドSIMカードの初期設定を紹介しました。

プリペイドSIMカードの初期残高の5KWDを使って、5GBのデータ通信ができるインターネットパッケージを購入できるのでモバイルインターネットに追加出費は必要ありません。

購入したらすぐにインターネットパッケージを有効にしておきましょう。

次回はこのプリペイドSIMカードを実際に使った様子を紹介します。