エチオピアでプリペイドSIMを使う その1: 情報収集

前回まではGoogleのスマートフォンPixel 2の紹介をしてきました。今回はたまっていた海外プリペイドSIMカード情報を紹介したいと思います。

今回紹介するのはアフリカのエチオピアのプリペイドSIMカードの話題です。

エチオピアというと未知の国とという印象があるかもしれませんが、長い歴史があり、観光地を多く持つ国でもあります。

エチオピア以外の国のプリペイドSIMカードについては下記を参照してください。

SIMフリーのスマートフォンで海外のプリペイドSIMカードを利用しています。世界各国でのプリペイドSIMカードの購入方法・設定方法・使い方などを紹介します。

なお私のスマートフォンはSIMロックを解除した状態(いわゆるSIMフリー)です。海外でプリペイドSIMを使おうと思っている方は、SIMロック解除してあることを確認してください。

ドコモのローミング情報

いつものように渡航前にドコモのローミング情報を確認します。

この情報でドコモ端末で確実に通信ができる携帯電話会社を把握することができます。また、3G対応やサービスエリアについても確認可能です。最近ではLTEのローミング情報も記載されています。

ドコモのエチオピアでのローミング情報は下記のページから入手することができます。

エチオピアにおけるNTTドコモの携帯電話による通話やネット(国際ローミング)の対応結果を表示します。お使いの機種により対応エリア/サービス/料金が異なるため、渡航前にご確認ください。

2018年10月の状況は下記の通りです。

SnapCrab_NoName_2018-10-31_23-15-58_No-00

ドコモのローミング対象は「ET-MTN」というキャリアだけで、使用できるネットワークはなんとGSMのみになっています。

LTEや3Gが使えないとスマートフォンを活用するのはかなり厳しいと思います。

Wikipediaの情報

Wikipediaには各国の携帯電話会社の情報がまとまっています。

エチオピアの情報は下記になります。

2018年11月の状況は下記の通りです。

SnapCrab_NoName_2018-11-3_1-23-1_No-00

Wikipediaの情報はドコモのローミング情報とはだいぶ違っています。

WikipediaによればEthiotelecomというキャリアはB1 (2100MHz)で3GおよびLTEのサービスを展開していることになります。

調べてみると、エチオピアにはキャリアが一つしかないとのことなので、ドコモのローミング対象のET-MTNと同一のキャリアのようです。

従ってドコモでは3G/LTEのローミングの契約をしていないと言うことなのでしょう。

インターネット上の情報

これだけだとあまりに情報が少ないので、インターネット上で情報を検索してみました。

参考にしたのは英語のサイトです。

The only operator present in Ethiopia is Ethio Telecom, also known as Ethiopian Telecommunications Corporation (ETC) and owned by the govenement. It's the only ...

またキャリアのサイトも英語なので助かります。

A prepaid mobile is a mobile service which credit is purchased in advance of service use. Users can top up their credit at any.

エチオピアでのキャリアはEthio Telecomのみで、旅行者もプリペイドSIMカードを購入することが可能なようですがいろいろ注意点があるようです。

ちなみに1ETB(エチオピアブル)は4円ぐらいです。

Ethio Telecom

  • サービス状況
    • 大きな街以外ではカバレッジは低い
    • LTE(4G)はアジスアベバのみ
    • サービスは頻繁に停止する
    • SkypeなどのVoIPサービスは禁止されている
  • プリペイドSIMカードの入手
    • アジスアベバの空港では売っていない
    • 市内のEthio Telecomの店舗で購入可能
    • 購入には下記が必要 (一部の店舗ではパスポートをスキャンするので不要)
      • パスポートのコピー
      • パスポートサイズの顔写真2枚
    • 購入にはパスポートのコピーが必要(店舗によってはパスポートをスキャンするのコピーは不要)
    • 携帯電話(IMEI)の登録が必要
    • SIMカードの価格は30ETB、初期残高は15ETB
    • SIMカードは標準サイズでカットするには近くの電話屋さんで有料で頼む
  • リチャージバウチャー
    • 様々なところで買える
    • 購入可能なバウチャーは5・10・15・25・50・100・250・500・1000ETB
    • リチャージは「*805*バーチャーコード#」
    • リチャージすると有効期限が延びる。最大120日。
  • インターネットパッケージ
    • 「*999#」から自分で申し込むことが可能
      有効期限 データ量 価格(ETB)
      24時間 25MB 3
      45MB 5
      100MB 10
      200MB 15
      500MB 35
      7日間 500MB 50
      700MB 60
      1GB 80
      30日間 1GB 100
      2GB 190
      4GB 350
      8GB 600
      10GB 700
      20GB 1300
      30GB 1800
      無制限 4900
  • コマンド
    • 残高確認: *804#
    • データ残量確認: *804#
  • APN情報
    APN etc.com
    ユーザ名 etc
    パスワード etc

まとめ

今回は調査したエチオピアのプリペイドSIMカード事情について紹介しました。

実はエチオピアに行ったのは約1年前なので、今回新たに調べ直しました。

エチオピアはEthio Telecom 1社しかないのでSIIMカード選択の余地はありません。しかし、インターネットパッケージの価格は徐々に下がっているようです。

次回はエチオピアで実際にプリペイドSIMカードを購入したことを紹介します。