デンマークでプリペイドSIMを使う その3: Lycamobileの初期設定

前回はデンマーク・コペンハーゲン空港でLycamobileのプリペイドSIMカードを無料で乳修したことを紹介しました。

今回はこのプリペイドSIMカードを使えるようにしたいと思います。

アクティベーション

Lycamobileのアクティベーション方法は簡単です。

プリペイドSIMカードをスマートフォンに挿すだけです。すぐにSMSが送られてきます。

アクティベーション完了のSMS

このSMSでは割り当てられた電話番号とPIN番号がわかります。

PIN番頭については使い方がイマイチわかりませんが、このSMSはなくさないようにしておきましょう。

ステータスの確認

Lycamobileの取扱説明書やパンフレットによると、ステータスを確認するために次のようなコマンドが使えるようです。

確認内容コマンド
電話番号確認*105#
残高確認*102#
データ残量確認*137#

試してみましょう。

結果はすべてデンマーク語で表示されます。

取扱説明書によると「3333」に発信すると言語を切り替えられるということなのですが、デンマーク語の音声案内が流れてしまい、私には言語の切替ができませんでした。

電話番号確認

アクティベーション時のSMSで電話番号は把握できていますが「*105#」を試してみましょう。

通話アプリで「*105#」に発信します。

電話番号確認

すると画面に次のようなメッセージが表示され、電話番号を確認することができます。

電話番号確認結果

残高確認

残高確認は「*102#」です。

残高確認

すると画面に選択肢が表示されます。

確認内容の選択

「1」を返信するとSIMカードの残高を確認することができます。

アクティベーション直後では次のように表示され、残高が0デンマーククローナであることがわかります。

残高確認結果

先ほどの選択肢で「2」を返信すると、インターネットパッケージの残量が表示されます。

初期状態では有効になっているインターネットパッケージはありません。

データ残量確認結果

データ残量確認

データ残量確認は「*137#」です。

データ残量確認

結果は画面に表示されます。内容は「*102#」→「2」と同じです。

データ残量確認結果

TOP UP

TOP UPはLycamobileのサイトでオンラインで行うことができます。

Lycamobile Denmark tilbyder billige nationale og internationale opkald. Bestil gratis SIM og ring verden til mindre med de nyeste SIM-tilbud og SIM-kun-planer.

TOP UPをするには「Quick Top-up」のところで、電話番号を入力した後にTOP UP金額を選択したら「CONTINUE」を選択します。

今回は「50デンマーククローナ」をTOP UPしてみます。

オンラインTOP UP 1

これで次のような確認画面がでるので内容に間違えがなかったら「PROCEED」を選択します。

オンラインTOP UP 2

次の画面では個人情報を入力します。初回のTOP UP時のみかもしれません。住所(ローマ字)や電話番号は日本のものを入力しても受け付けてくれます。

オンラインTOP UP 3

支払はクレジットカードで行います。

クレジットカード上の名前・カード番号・有効期限・セキュリティコード(背面の3桁の数値)を入力して「PROCEED」を選択します。

オンラインTOP UP 4

クレジットカードの入力を間違えてなければ「Order Pplaced successfully」と表示されてTop Upに成功するはずです。

オンラインTOP UP 5

すぐに次のようなSMSが送られてきて、50デンマーククローナのTOP UPができたことがわかります。

TOP UP成功のSMS

「*102#」→「1」で残高を確認すると55デンマーククローナと表示されました。

TOP UP後の残高

どうも5デンマーククローナのボーナスが付与されたようです。

インターネットパッケージの購入

インターネットパッケージはLycamobileのWebサイトでも購入できますが、今回はSMSで購入してみます。

今回はTOP UPしてから、その残高を使ってSMSでインターネットパッケージを購入しました。TOP UPの最低金額が50DKKのため、短期滞在だとかなり余る可能性があります。

もしかしたらWebサイトから直接インターネットパッケージを購入すると、インターネットパッケージの支払だけで無駄がなかったかもしれません。

インターネットパッケージの申し込み方法はSIMカード配布場所で配られているパンフレットに記載されています。

例えば5GB (49デンマーククローナ)のインターネットパッケージの場合は「4530」という内容のSMSを「3535」の送付します。

インターネットパッケージの申し込み方法

実際に試した様子が下記です。

インターネットパッケージの申し込み

インターネットパッケージをアクティベートできた。データ残量は「*137#」で確認できる、ということのようです。

実際に「*137#」で確認してみると、5120MBが30日後(2019年5月30日)まで利用できることがわかります。

インターネットパッケージのデータ残量

なお、「*102#」→「1」で残高を確認すると49デンマーククローナがひかれて、6デンマーククローナになっています。

インターネットパッケージ購入後の残高

APNの設定

スマートフォンでインターネット通信をするためにはAPNというのを設定をする必要があります。

Lycamobile(デンマーク)のAPN情報は次の通りです。

APNdata.lycamobile.dk
ユーザ名なし
パスワードなし

事前調査ではAPN情報は次のような内容でした。

APNdata.lycamobile.dk
ユーザ名lmdk
パスワードplus

おそらくこの設定でもつながると思いますが、 Lycamobileのパンフレットではユーザ名・パスワードは空欄でだったので、私は空欄で設定しました。

AndroidとiPhoneのそれぞれで設定方法を紹介しておきます。

Androidの場合

Androidの場合は「設定」→「ネットワーク」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」あたりに設定メニューがあります。

私が使用しているスマートフォンGoogle Pixel 2の場合は、Lycamobile(デンマーク)のAPN情報がなかったのでAPNを新規作成する必要がありました。

右上のドットメニューから「新しいAPN」を選択したら「APN」に「data.lycamobile.dk」に入力して保存します。

APN設定

あとはこの作成したAPNを選択します。

APNの選択

これでデータ通信が可能になるはずです。

3Gで接続

上記のスクリーンショットでは接続は3G (HSPA+)ですが、しばらく放置しておくと4G (LTE)に切り替わりました。

LTEで接続

iPhoneの場合

iPhoneの場合はAPNの設定メニューがある機種と無い機種があります。

Appleから直接購入したSIMフリー版はAPNの設定メニューがあり、キャリア経由で入手した製品はAPN設定メニューがない場合が多いようです。

私のiPhone SEは個人輸入したSIMフリー版でAPN設定メニューがないタイプです。

このためAPN設定が必要なSIMカードを使う場合には、通常は「構成プロファイル」を導入する必要が阿あります。

このようなiPhoneでもLycamobileのSIMカードを挿入するとAPN設定のメニューが有効になります。「設定」→「モバイル通信」→「モバイルデータ通信ネットワーク」を選択しましょう。

モバイル通信設定

これでAPNの入力する画面が表示されるので「APN」の欄に「data.lycamobile.dk」を入力します。

APN設定

これでiPhoneでもLycamobileを使ってデータ通信できるようになります。

まとめ

今回はデンマークのLycamobileのプリペイドSIMカードを使えるようにしてみました。

無料で入手したプリペイドSIMカードのため実際に使うためにはTOP UPが必要です。

TOP UPはクレジットカードがあればオンラインでできるので、ホテルやカフェなどのWi-Fiが使えるところでやってしまいましょう。

次回はこのプリペイドSIMカードを実際に使った様子を紹介します。