Nexus Sでスクリーンショットを取る

ひょんなことからGoogleのAndroid端末であるNexus Sを触る機会ができました。

なので、ブログのネタにしようと思ったら・・・スクリーンショットが取れない!

AQUOS PHONE SH-12Cなら電源ボタンを押しながらホームボタンを押すと簡単にスクリーンショットが取れるんですが・・

そこでまずはスクリーンショットを取れるようになるまで。

ADK(Android SDK)をインストール

いろいろググって見ると、ADKをインストールしてその中のツールを使うとスクリーンショットが取れると書いてあります。

PCとUSBケーブルでつながなきゃいけないし、面倒ですが、ほかに情報がないので試して見ます。

まずはダウンロード。アンドロイドの開発者サイトhttp://developer.android.com/sdk/index.htmlからinstaller_r12-windows.exeをダウンロードします。

ダウンロードしたらダブルクリックで実行してインストールします。

ADKインストール1

ADKインストール1

ここは「Next」を押します。

ADKインストール2

ADKインストール2

Java SDKが入っていないといわれるので「Visit java.oracle.com」のボタンを押します。

するとブラウザが立ち上がりJavaの画面が開きます。

java.oracle.com

java.oracle.com

JDKの下の赤い「Download」というボタンを押します。次の画面ではファイルのリストが出ますので「Accept License Agreement」のラジオボタンをオンにしたあと、「jdk-7-windows-x64.exe」(64bit windowsの場合)か、「jdk-8-windows-i586.exe」(32bit windowsの場合)をダウンロードします。

そしてダウンロードしたファイルを実行してJDKをインストールします。基本的に「次」を押し続ければインストールできるはずですので、JDKのインストール画面は省略です。

JDKのインストールが完了したら、ADKのインストール画面に戻っていったん「Back」をしてから「Next」を押します。すると次の画面に進みます。

ADKインストール3

ADKインストール3

ここは「Next」。

ADKインストール4

ADKインストール4

ここも「Next」

ADKインストール5

ADKインストール5

これまた「Next」。これでようやくインストールが始まります。

ADKインストール6

ADKインストール6

インストールが完了したらまた「Next」。

ADKインストール7

ADKインストール7


スクリーンショットを取るだけだったら、「Start SDK Manager」のチェックボックスをOFFにして「Finish」。

次はSDK Managerに進みます。

SDK Manager

Windows7ではSDK Managerを起動するためにスタートメニューからSDK Managerを探して右クリックして「管理者として実行」を選びます。

こうしないと書き込み権限のせいでファイルのダウンロードに失敗します。

SDK Managerが起動するとGoogleのサーバにダウンロードできる環境を確認しに行きます。

SDK Manager 1

SDK Manager 1

情報のダウンロードが終わると、インストールできる環境の一覧が出ます。

SDK Manager 2

SDK Manager 2

デフォルトでは全部パッケージが選ばれています。パッケージの選択は、パッケージ名を選んで中央付近の「Accept」か「Reject」を選ぶことによって行います。

私はよくわからないので「Android SDK Platfor-tools, revis…」「SDK Platform Android 2.3.3 API…」と「Google USB Driver package, revis…」だけを「Accept」としました。そしてInstallボタンを押すとダウンロード&インストールが開始します。

SDK Manager 3

SDK Manager 3

インストールが終わったらSDK Managerを閉じます。

Nexus Sをデバッグモードにする

「メニューボタン」→「設定」→「アプリケーション」→「開発」→「USBデバッグ」をONにします。ついでに「スリープモードにしない」もONにします。

この状態でADKをインストールしたPCとUSBケーブルで接続します。

私の場合はNexus Sのドライバが見つからず、デバイスマネージャ上でびっくりマークがつきました。

デバイスマネージャ

デバイスマネージャ

このNexus Sを右クリック→「ドライバーソフトウェアの更新」→「コンピュータを参照して・・・」として、
“C:\Program Files (x86)\Android\android-sdk\extras\google\usb_driver”
を選択します。

Googleのドライバを発見するのでインストールしてください。インストールに成功すると下記の画面が出ます。

USBドライバのインストール

USBドライバのインストール

スクリーンショットの取得

ここまできたら下記のフォルダ「C:\Program Files (x86)\Android\android-sdk\tools」を開きddms.batを実行します。

するとUSB接続したNexus Sを発見するはずです。

ddmsの画面

ddmsの画面

左上のエリアの電話のアイコンがNexus Sです。あと一息です!

最後にNexus Sをスクリーンショットを取りたい画面にして、dmmsのメニューから「Device」→「Screen Capture」です。

これでNexus Sの画面がPC上に現れます。

Nexus Sのスクリーンショット

Nexus Sのスクリーンショット

SAVEボタンをおすとPNG形式で保存できます。

以上でおしまい。一度設定してしまえばあとは簡単にスクリーンショットが取れます。

でも、AQUOS PHONE SH-12Cのほうが断然簡単なのは確かです。