AQUOS PHONE SH-12CとNexus Sの比較 その1

ひょんなことから試用したNexus S。せっかくなので手持ちのAQUOS PHONE SH-12Cといろいろ比べてみました。

まずは性能的なところから。

起動時間

とりあえず電源を入れてから操作できるようになるまでの時間を計ってみました。

  • SH-12C: 約2分
  • Nexus S: 約20秒

話しになりません。Nexus Sの圧勝です。電源のON・OFFはあまりやることではありませんが、AQUOS PHONE SH-12Cは遅すぎですね。

メモリ量

「設定」→「アプリケーション」→「アプリケーションの管理」→「実行中」として、画面下部の「使用中」と「空き」を合算してみます。

  • SH-12C: 262MB
  • Nexus S: 310MB

この値ではNexus Sの勝利

SuperBoxというアプリで見ると

  • SH-12C: 324MB
  • Nexus S: 345MB

さは縮まっているけどNexus Sの勝利

ストレージ量

「設定」→「アプリケーション」→「ストレージの使用状況」として、画面下部の「使用中」と「空き」を合算してみます。

  • SH-12C: 1146MB
  • Nexus S: 1003MB

これはAQUOS PHONE SH-12Cの勝ち

ベンチマーク

Android Marketにあるベンチマークソフトを走らせて比較してみます。実際にはウィジェットとかが動いているので、あまり厳密ではありません。参考程度に。

Quadrant Standard

AQUOS PHONE SH-12Cの結果

AQUOS PHONE SH-12Cの結果

Nexus Sの結果

Nexus Sの結果

AQUOS PHONE SH-12Cのスコアが1570、Nexus Sのスコアが1396で、AQUOS PHONE SH-12Cの勝ち

SmartPhoneBench

結果は下記のとおりです。性能がよいほうを緑色で色をつけました。

項目 SH-12C Nexus S
3D(テクスチャあり) 62 FPS 58 FPS
文字列描画 60FPS 56 FPS
ライン描画 60FPS 56 FPS
多角形描画 60FPS 56 FPS
透過PNG描画 60FPS 56 FPS
整数演算測定 78,807 point 77,860 point
浮動小数点演算測定 365,333 point 274,000 point
ファイル書き込み 1,224,018 Byte/sec 209,715,200 Byte/sec
ファイル読み込み 349,525,333 Byte/sec 524,288,000 Byte/sec
SQLite 25,00 INSERTs 3,118 msec 2,975 msec
100 SELECTs on … 48 msec 43 msec
25000 UPDATEs … 8,576 msec 6,804 msec
DLETE with an index 3,215 msec 1,004 msec

一応、項目数だけで言えばAQUOS PHONE SH-12Cが7個、Nexsus Sが6個で僅差でAQUOS PHONE SH-12Cの勝ち

しかし、ファイルの読み書きの性能差がとっても大きい。実際の使い勝手ではNexus Sのほうが早く感じるかも。

続きはまた次回(「AQUOS PHONE SH-12CとNexus Sの比較 その2」)・・・