中華通販でモーションセンサーライトを買ってみる

前回は中華通販のGeekBuyingからSSDを購入してMacBook Proに搭載したことを紹介しました。

今回は海外通販のGearBestでモーションセンサーライトを購入したので紹介したいとおもいます。

GearBestで購入してみたいというかたは下記を参照してみてください。

今回は香港・中国の通販サイトであるGearBestの使い方について紹介します。 GearBestはAliExpressよりもサイトが使いやすく簡単な英語がわかれば注文することができます。中国ブランドのタブレットやスマホを安く入手したい場合は有力な選択肢となるでしょう。

モーションセンサーライト

モーションセンサーライトは近くに動く物体があることを検出すると自動的にオンになるライトです。

もちろん、しばらく動きがない場合は自動的に消灯します。

このためモーションセンサーライトは玄関・廊下などの人通りがある場所で使うと便利です。

実は以前にXiaomiのセンサー付きナイトライトという物を買ったことがあります。

今回は上海のMi Store (小米之家)で購入したセンサー付きのナイトライトを紹介します。このナイトライトは1000円程度の価格ながら、明るさセンサーと人感センサーを備えており、なかなか使い勝手の良い製品でした。ちょっと明るさが足りないような気もしますが、その点が受け入れられればお買い得な製品だと思います。

このXiaomiのセンサーライトは電池式で家のどこにでもおけるタイプでしたが、今回購入するのは電球を置き換えるタイプになります。

このため玄関の天井の電球を交換すれば、それだけで人の出入りに応じて自動的に照明が付くようになります。

GearBestでセンサーライトを購入!

玄関などで便利なセンサーライトですが、日本でももちろん購入可能です。ジェネリック家電で有名なアイリスオーヤマ製だと1200円くらいで購入することができます。

もちろんこれでも良いのですが、ネタとして中華通販から購入してみます。

今回見つけたのは下の製品です。

2019/01/13時点で7.87ドル

いま調べてみると、7.87ドルとなっていますが、私が購入したときには独身の日(11月1日)のセールで5.01ドル(約550円)となっていました。

ただ、海外通販でこの種のセンサーライトを買う場合は注意が2点あります。

  • 電源電圧
    日本の電化製品は100Vの電源で動いています。
    製品のスペックを見て対応電圧に100Vが含まれていることを確認しましょう。
    今回の製品では「Voltage: 85-265V」
  • ソケットのサイズ
    日本の家庭では一般的にE26という規格のソケットが使われています。
    一方、海外ではE27という規格のソケットが使われています。
    購入するならできればE26の製品を買いたいところです。ただ、E26とE27の違いはサイズだけで、その差もわずか1mmです。
    E26のソケットにE27の製品も押し込めますので、どうしてもE26がなければE27出も妥協可能と思います。
    今回の製品では「Connection: E27」となっていて、E27対応の製品となっています。

今回注文したセンサーライトは下記の日程で到着しました。配送方法はGearBestの「Japan Priority Lane」です。

イベント日付
注文2018/11/11
発送連絡2018/11/15
日本到着2018/11/21
配送完了2018/11/23

日数としては12日、土日を除く営業日だと10日になります。まずまず順調な方です。

購入したモーションセンサーライト

到着したモーションセンサーライトのパッケージは次の通りです。

モーションセンサーライトのパッケージ 1

パッケージ上の「PIR」というのは赤外線による人体センサーが搭載されていることを示しています。

側面にはスペックなどが記載されています。

モーションセンサーライトのパッケージ 2

反対側の側面には赤外線センサーの説明が書かれています。

モーションセンサーライトのパッケージ 3

このモーションセンサーライトを頂点とする三角錐(頂点角90~100度)の中に人を検出するとライトが点き、この範囲から人がいなくなるとライトが消えるようです。

パッケージからモーションセンサーライトを取り出してみます。形状は通常の電球とほとんど同じです。

モーションセンサーライト 1

違いは先端部にセンサーが点いているところです。ぽっこりと飛び出しているところがセンサーです。

モーションセンサーライト 2

あとはこのモーションセンサーライトを天井の電球ソケットにつけるだけです。

ソケット延長アダプタ

今回はモーションセンサーライトに合わせてソケット延長アダプタというのを購入しました。

というのも、私の家の玄関ではソケットが天井の奥に埋め込まれていました。そのためそのままモーションセンサーライトを装着すると、センサー部分も奥まってしまい人の出入りを検出してくれません。

そのためモーションセンサーライトが天井から少し飛び出すようにする必要があるのです。

日本でも「E26 ソケット 延長」で検索するといろいろ出てきます。

しかし、私はいつものごとく中華通販で購入しました。

ソケット延長アダプタについてはGearBestではなくBanggoodというサイトを使ってみました。

海外サイトなのでE26ソケット用の延長ソケットがなかったので、E27ソケット用を購入しました。

2019/01/13時点で1.66ドル

どれくらい延長して良いのかわからなかったため、長さの違う2製品を購入しておきました。

配送については無料のAir Mailを利用したところ、長い方については8日 (6営業日)で到着しましたが、短い方は17日 (13営業日)もかかりました。

到着した製品は、Banggoodのサイトの写真のままです。

ソケット延長アダプタ (長)

ソケット延長アダプタ (短)

なお、Banggoodで購入してみたいというかたは下記を参照してみてください。

今回は中国の通販サイトであるBanggoodの使い方について紹介します。 品ぞろえもよく、GearBestやGeekBuyingとの比較対象によさそうな通販サイトと思います。また、配送のトラッキングが25ドル以上というのも、他の通販サイトと比べると有利なところです。

モーションセンサーライトを使ってみる

モーションセンサーライトとソケット延長アダプタがそろったので実際に使ってみましょう。

モーションセンサーライトとソケット延長アダプタを接続します。

ソケット延長アダプタとの接続

そしてこれを天井のソケットに取り付けます。

私の場合は、E26のソケットにE27のアダプタを差す形になるので、ちょっときつい感じになりました。サイズが違うソケットに差す場合は傾かないように気をつけながら装着していきます。

天井のソケットに装着

あとはライトのスイッチを点灯する状態のままとしておけば、近づいたときに自動的に点灯するようになります。

点灯した状態

もちろんその場を立ち去り、その放置すると30秒ほどでライトが消えます。

玄関などで利用すればライトのオンオフに手を使う必要がなくなります。両手に荷物を抱える場合などにはかなり便利に感じます。

また、電気のつけっぱなしを防ぐことができるのもメリットです。

まとめ

今回は海外通販サイトのGearBestでモーションセンサーライトを購入したことを紹介しました。

ソケットのサイズが微妙に異なりますが、頑張れば日本のソケットに装着でき、ちゃんと使うことができます。

玄関などで使うと、手を使わずにライトのオンオフができるのでお勧めです。

次回は海外通販GearBestでノートPC用のケースを買ったことを紹介します。

『中華通販でモーションセンサーライトを買ってみる』へのコメント

  1. 名前:たんたん 投稿日:2019/01/16(水) 23:10:01 ID:7eb8ae7d0 返信

    PIR LEDを中華で今まで4個ぐらい買ったけど、どれも寿命が1年以内でした。
    常時チラツキが出るようになる。
    結局アイリスオーヤマのものが一番長く使えてる。

    • 名前:scratchpad 投稿日:2019/01/21(月) 02:34:09 ID:1866c1b13 返信

      コメントありがとうございます。

      なるほど、確かに中華製は寿命が心配ですね。
      玄関なので点灯時間はそれほど多くないのですが、どれくらい持つのか楽しみです。
      ちらつきが出るようになったら記事に追記したいと思います。