Chuwi Hi9 AirのOSはAndroid Oreoに!

今回は先日紹介したChuwiの新タブレットChuwi Hi9 Airの続報をお伝えしたいと思います。

Chuwi Hi9 Airについて

Chuwi Hi9 AirはChuwiが現在開発中のタブレットです。

Chuwiはいろいろ情報をリークしているようで、先日はまず第一報をお知らせしました。

今回はChuwinの新タブレットChuwi Hi9 Airの情報を紹介します。この新タブレットは高解像度の10.1インチのディスプレイを備えた上にLTE対応のSIMスロットを搭載し、どこでも快適にゲームができる狙いのようです。写真等の詳細な情報が公開されるのが楽しみな製品だと思います。

このタブレットは、10.1インチの高解像度ディスプレイにデュアルSIMを搭載するというのがポイントで、Chuwiはゲーミングタブレットして訴求しようとしています。

OSはAndroid Oreoの予定!

Chuwi Hi9 AirのOSはAndoridということだけは決まっていましたが、今回入ってきた情報によるとAndoridのバージョンは最新のOreo (Android 8.x)となることに決まったようです。

Hi9 Air Oreo front and back

Android Oreoを搭載することで次のようなメリットが得られます。

  • 絵文字が大幅に増加
  • ピクチャー・イン・ピクチャー表示
    対応するアプリは同時に画面に表示することが可能 (対応アプリは今後増加予定)
  • 通知の改善
  • スマートテキスト選択
  • オートフィル
  • Google Play プロテクト
  • サウンドの改善
  • ・・・

英語の表記もたくさん残っていますが、下記がAndroid Oreoの公式ページになります。

ゲーミングタブレットを目指していることを考えると、絵文字の増加はチャットなどで活用できそうです。また、まだ対応アプリは少ないですが、ピクチャー・イン・ピクチャー表示対応アプリが広がれば、ゲームのながらプレーがはかどりそうです。

スペックのアップデート

前回の記事ではChuwi Hi9 Airのスペックはまだわからないことが多かったのですが、だいぶ情報もそろってきました。

現時点で判明しているスペックは次の通りです。

製品Chuwi
Hi9 Air
OSAndroid Oreo
CPUMediaTek Helio X20
(64bit, 10コア)
RAM4GB RAM
ストレージ内部64GB
ディスプレイ10.1インチ 2560×1600
カメラメイン 13MP
フロント 5MP
SIMデュアルSIM デュアルスタンバイ
ネットワーク2GGSM:B2/3/5/8
CDMA1X: BC0
3GWCDMA:B1/2/5/8
CDMA2000:BC0
TD-SDMA:B34/39
LTEFDD-LTE:B1/3/4/5/7/20
TDD-LTE:B38/39/40/41
Wi-FiデュアルバンドWi-Fi
ボディサイズ241.7×172×8.2mm
バッテリ8000mAh

発売は4月半ばを予定しているようです。

メインカメラについてはスマートフォンと同様にフラッシュライトがついているようです。このため暗いところでも撮影が可能となっています。

10インチクラスのタブレットのカメラといえば、ほとんどがフラッシュライトはついていないと思います。最近は旅行などでタブレットを持ち歩く方もいるので、これはうれしいところだと思います。

まとめ

今回はChuwiの新タブレットの情報を紹介しました。

Android自体は毎年のようにアップデートされていますが、プリインストールされているAndroidが更新されていなくて残念に思っている方もいると思います。

今度のChuwi Hi9 Airは最初からAndroid Oreとなっているので、最新のAndroidが楽しめます。