AQUOS PHONE ZETA SH-02Eへデータを移行 バックアップ編

前回はAQUOS PHONE ZETA SH-02Eの初期設定を紹介しました。

今回は以前使っていたAQUOS PHONE SH-12Cからデータを移行したいと思います。まずはSPモードメールのデータを移行し、その後はJSBackupというソフトを使って一括移行を行います。

なお今回の作業は旧スマホ(AQUOS PHONE SH-12C)での作業になります。

準備

まず、AQUOS PHONE SH-12CにSDカードをセットして立ち上げます。WiFiが使えればSIMカードはセットしなくても大丈夫です。

この状態でAQUOS PHONE SH-12Cからできる限りデータをSDカードにバックアップします。

SPモードメールのバックアップ

まずはじめにバックアップデータを保存するフォルダをSDカード上に作成します。フォルダの作成にはESファイルエクスプローラなどを使えばよいでしょう。

ポイントはバックアップしたいメールフォルダの数だけ、SDカードにフォルダを作成します。例えば、受信BOXと送信BOXだけバックアップするなら、SDカードの適当な場所にINBOXとOUTBOXというフォルダを作っておきます。メールの振り分けをしている人は、その分だけフォルダをSDカードに作成します。

次にSPモードメールアプリを起動します。

起動したらバックアップをしたいメールを一覧表示します。例えば「受信メール」→「受信BOX」と選びます。次にメニューボタンを押して「ページ内全選択」を選びます。

ページ内全選択

これですべてのメールにチェックマークが付きますので、右下の「SDへコピー」を選びます。

SDへコピー

コピーする形式は「eml(バックアップ用)」です。

形式選択

バックアップ先を選ぶ画面になりますので、先ほど作成したSDカード上のフォルダを選択して左上の「コピー」をタッチします。

SDへコピー

SPモードメールは一度の200通のメッセージしか取り扱えないので、「次のページ」を選んでこれを繰り返して行きます。

次のページ

送信BOXや振り分けしたメールも同様にSDカードにバックアップしていきます。くれぐれもSDカードのバックアップ先を間違えないよう(混じってしまわないように)にしましょう。

アプリケーションを使ったバックアップ

その他、SMSなどバックアップしたいものはあるので、アプリを使って一括バックアップに挑戦してみます。

今回はJSバックアップというソフトを使ってみます。

JSバックアップ
JSバックアップ
Developer: JOHOSPACE
Price: Free

データのバックアップ

とりあえずJSバックアップを起動してメニューから「バックアップ」を選んでみます。

JSバックアップ

ここで「バックアップ履歴サーバ」というものの利用が聞かれますが、今回一回限りなので「利用しない」にしておきます。

バックアップ履歴サーバ

バックアップメニューが表示されるので「保存場所の指定」を選びます。

バックアップメニュー

選択肢がでるので「ローカル」を選んでおきます。

バックアップ保存場所選択

これでバックアップ用のボタンが有効になりました。フルバックアップを選びたいところですが、画像データなどはバックアップする必要がないので「選択バックアップ」でバックアップに必要なものだけを選ぶことにします。

選択バックアップ

選ぶのは「標準アプリデータ」と「一般アプリデータ」でよいと思います。選択したら左下の確認をタッチします。

バックアップ対象選択

バックアップ象が正しいことを確認にして「開始」をタッチするとバックアップを開始します。バックアップ中は進捗が表示され、しばらくするとバックアップが完了します。

バックアップの進捗

アプリのバックアップ

JSバックアップはアプリもバックアップできるようなので試してみます。

JSバックアップのメニューから「アプリケーション管理」を選択します。

20121203-015926

するとバックアップ可能なアプリ一覧がでるのですべてを選択(メニューボタンを押すとすべてを選択するメニューが出います)して、「選択したアプリをバックアップ」を選択します。

選択したアプリをバックアップ

しばらく待つとバックアップが完了します。

まとめ

今回は以前のスマホ(AQUOS PHONE SH-12C)のデータをmicroSDにバックアップしました。

次回はこのバックアップしたデータをAQUOS PHONE ZETA SH-02Eにリストアします。