韓国でプリペイドSIMカードを使う その2: 情報収集

私が海外でプリペイドSIMカードを使い始めた頃(2012年)では韓国はまだ旅行者にプリペイドSIMカードが解放されていませんでした。

今回は韓国でWiBroのモバイルルータを借りた話を紹介します。 韓国ではプリペイドSIMカードの購入ができないので、モバイルインターネットがしたい人はWiBroのモバイルルータを借りましょう!

しかし近年状況が大きく変わり、旅行者でもSIMの入手が容易になっています。久々に韓国によることになったので改めて調べ直してみました。

なお韓国以外のプリペイドSIMカードの情報については下記を参照してください。

SIMフリーのスマートフォンで海外のプリペイドSIMカードを利用しています。世界各国でのプリペイドSIMカードの購入方法・設定方法・使い方などを紹介します。

私のスマートフォンはSIMロックを解除した状態(いわゆるSIMフリー)です。海外でプリペイドSIMを使おうと思っている方は、SIMロック解除してあることを確認してください。

ドコモのローミング情報

いつものようにドコモのローミング情報を確認します。

この情報でドコモ端末で確実に通信ができる携帯電話会社を把握することができます。日本のSIMフリーむけの端末はドコモに合わせていることが多いのでドコモの情報が参考になります。

また、3G対応やサービスエリアについても確認可能です。最近ではLTEのローミング情報も記載されています。

ドコモの韓国でのローミング情報は下記のページから入手することができます。

韓国におけるNTTドコモの携帯電話による通話やネット(国際ローミング)の対応結果を表示します。お使いの機種により対応エリア/サービス/料金が異なるため、渡航前にご確認ください。

2019年4月の状況は下記の通りです。

ドコモのローミング情報

ドコモのローミング対象としてはKTとSKTの2社があり、両方ともLTE・3Gの通信ができるようです。

さすがIT先進国を自称するだけあって、LTEも当然のように利用可能です。

Wikipediaの情報

Wikipediaには各国の携帯電話会社の情報がまとまっています

韓国の情報は下記になります。

2019年4月の状況は下記の通りです。

Wikipediaの情報

ドコモのローミング対象は2社だけでしたが、Wikipediaの情報ではLG U+が追加され3社となっています。

LG U+の3G通信方式であるCDMA 2000はドコモの通信方式とは異なるので、ローミング対象になっていないのかもしれません。

3社の周波数について調べ見ると次のようになりました。5Gについてはこの記事の作成時点では5Gの端末は日本で売られていないので場外しています。

SK Telecom3GB1 (2100)
LTEB1 (2100), B3 (1800), B5 (850), B7 (2600)
KT3GB1 (2100)
LTEB1 (2100), B3 (1800), B8 (900)
LG U+3GCDMA 2000 BC4
LTEB1 (2100), B5 (850), B7 (2600)

3GのB1については基本的なバンドなので3Gに対応しているスマートフォンならばまず利用することができます。しかし、LG U+のCDMA 2000については対応していないスマートフォンが多くあるので注意が必要です。

LTEのB1・B3についいても本土のスマートフォンが利用できるのではないかと思います。プラチナバンドであるB5・B8についてはスマートフォンのモデルによっては利用できない可能性があります。ただしB8についてはソフトバンクが利用していますので、ソフトバンク向けのスマートフォンであればかなり期待できます。

韓国はLTEが広く普及しているため、全体的に見ると日本のスマホを持って行って問題なく使える可能性は高いです。

どのキャリアのSIMを使うか迷うところですが、念のためにLG U+は避けた方が良いという程度です(3Gのことをあまり心配する必要は無いかもしれませんが・・・)。

また、ソフトバンクユーザならSK TelecomよりKTの方が良いかもしれません。

インターネット上の情報

韓国へは日本の渡航者も多いため「韓国 SIM」でググると多くの情報を見つけることができます。

参考になったのは下記サイトです。

フマジーメ53世 韓国旅行でSIMカードを買いたいんだけど、空港に売っているかな? 料金とか使い心地が気になるな〜 本記事ではソウルの空港で購入できる、Olleh(オルレ)のSIMカードについて解説します。 韓国旅行でイ ...
韓国・仁川空港でSIMカードの買い方・使い方・さらに格安で使う裏技まで?!データ無制限のKTプリペイドSIMがおすすめ!

韓国で旅行者にプリペイドSIMカードが開放されたといっても個人情報の登録は必要です。

コンビニなどでもプリペイドSIMカードは購入できるようですが、店員さんが個人情報の登録までやってくれる空港で購入するのがお勧めです。

特に空港の場合は日本語が話せる店員さんや、日本語マニュアルが期待できます。また、空港の場合は滞在日数に合わせてプランが簡単に選べるのが魅力です。

空港で時間がとれない場合以外は空港で買うのがお勧めのようです。

一昔前は韓国でのモバイルインターネットはいろいろ面倒だったのですが、ずいぶん楽になった物です。

旅行者にありがたい限りです。

まとめ

今回は事前に調査した韓国のプリペイドSIMカード情報を紹介しました。

2012年頃には韓国では旅行者がプリペイドSIMカードを購入することはできなかったのですが、状況は大きく変わり簡単に買えるようになりました。

特に仁川・金浦などの大規模空港では到着ロビーで購入できるため、空港で調達するのがお勧めです。

次回はKTのプリペイドSIMカードを入手したことを紹介します。