韓国でプリペイドSIMカードを使う その8: SKの使い勝手

前回は韓国・仁川国際空港で入手したSKのプリペイドSIMカードを使えるようにしました。

今回は実際に使った様子を紹介します。

通信速度

今回購入したSKのプリペイドSIMカードは1日1GBまでは速度制限無しで、1GB以上使うと通信速度が5Mbpsに制限されます。

今回は速度制限無しの状態で、実際にどれくらいないるかを測ってみました。測定にはSpeednet.netというアプリを使っています。

Speedtest.net
Speedtest.net
Developer: Ookla
Price: Free

まずはSIMを入手した仁川国際空港です。確かSIMを入手したSKのカウンター前だったと思います。速度制限がないだけあってかなり高速です。

データ通信速度 1回目

続いてソウル駅付近で測定しました。時間は午後1時半頃だったので人が多い時間帯です。東京駅のお昼を想像してもらえば良いと思います。

データ通信速度 2回目

こちらもかなり高速です。人が多い場所・時間帯ですが全く苦にしていません。

宿泊はソウル駅付近だったので、深夜にも測定してみました。これまでとは若干速度が落ちましたがそれでも高速です。

データ通信速度 3回目

最後は早朝のソウル駅です。金浦空港にむかう地下鉄のホームで測定しました。

データ通信速度 4回目

おそらく地下鉄のホームに基地局が設置されているのだと思います。100Mbps越えの爆速となりました。

これだけ速度が出ればWebサイトの閲覧だけでなく、動画のストリーミング再生も問題ないと思います。

SKのプリペイドSIMカード奈良快適なモバイルインターネットが利用できそうです。

バンド

事前に調べたSKのバンド情報は次のようになっています。

KT3GB1(2100)
LTEB1(2100), B3(1800), B5(850), B7(2600)

実際にどのバンドをつかんでいるかを調べてみました。

仁川国際空港で調べたところB5(850MHz)を使用していました。2×2なので高速に通信できる状態です。なお、周囲にはB3 (1800Mhz)の電波も飛んでいるようです。

LTEバンド情報 1回目

ソウル駅付近で調べてみると今度はB3 (1800MHz)をつかみました。また、周囲にはB1 (2100MHz)の電波があることがわかります。

LTEバンド情報 2回目

ソウル駅の地下ホーム(通信速度が140Mbpsを記録した場所)ではB7 (2600MHz)でした。これが通信速度が高速だった理由です。

LTEバンド情報 3回目

なお、ソウル駅付近の宿でiPhone SEで調べてみると、B3(1800MHz)を使用していました。

LTEバンド情報 4回目

事前の調査通り、LTEについてはB1・B3・B5・B7を使用しているようです。

B1については日本でも広く利用されていますし、B3についてはドコモで使用されています。

しかし、B5とB7は日本では利用されていないため、iPhoneやPixelなどのグローバルモデルが必要となると思います。

サービスエリア (カバレッジ)

今回はトランジットでの滞在ということで、仁川国際空港・ソウル市内・金浦空港を移動しただけです。

この範囲では常にLTEで使用できたと思います。

通常は電波が届きにくい地下鉄でも問題なくLTEを使用することができました。感触としては東京と同等かそれ以上です。

今回確認できたのは、ソウル市内・ソウル近郊ですが、少なくてもこのエリアでしたら快適にモバイルインターネットが利用できると思います

実際に使った感想

今回使用したプリペイドSIMカードは下記のようなものです。

  • キャリア: SK
  • 有効期間: 24時間
  • 価格: 約650円
  • データ通信量: 無制限
  • 速度制限: 1日1GBまでは無制限、それ以降は5Mbps

結果として非常に快適に利用することができました。

地図・翻訳・タクシー配車などのアプリをこのプリペイドSIMカードで問題なく利用することができました。

通信速度も高速なので、YouTubeなどの動画の視聴も問題ないと思います。

ただ、SKで使用しているプラチナバンドのLTE B5、高速なLTE B7については日本で利用されていないバンドされていません。そのため、使用するスマートフォンが国内モデルの場合は、電波のつかみが悪くなるかもしれません。

iPhone・Pixelなどグローバルもでるのでスマートフォンをお持ちの方にお勧めのキャリアです。

まとめ

今回は韓国SKのプリペイドSIMカードを実際に使った様子を紹介しました。

1日1GBを超えるまでは通信速度の制限がかからないので、かなり高速なデータ通信ができます。お手持ちのスマートフォンがLTE B5、LTE B7に対応している場合は、おすすめできるプリペイドSIMカードと思います。

次回はWindows PCのパワーアップを紹介したいと思います。