カタールでプリペイドSIMを使う その1: 情報収集

前回は中東のクウェートでZainのプリペイドSIMカードを使った様子を紹介しました。今回からは同じ中東のカタールの話題です。

安くてサービスの良いカタール航空を利用して旅行する方は、乗り継ぎなどでカタールの首都のドーハに滞在することもあると思います。

一時期はドーハは「世界で最も退屈な首都」とも呼ばれましたが、いまでは2022年のサッカー・ワールドカップに向けて飛躍的に発展をしています。

Wikipediaの情報

Wikipediaには各国の携帯電話会社の情報がまとまっています。

カタールの情報は下記になります。

2019年11月時点の情報は次の通りです。

Wikipediaの情報

カタールは小さい国なのでキャリアはOoredooとVodafoneの2社しかありません。規模的にはOoredooの方がかなり大きいようです。

対応するネットワークはキャリアによらず、LTEはB3(1800MHz)・B7(2600MHz)・B20(800MHz)、3GはB1(2100MHz)となっているようです。

バンドの差がないので、シンプルに価格でキャリアを選んでしまって良さそうです。

インターネット上の情報

カタールはトランジットで訪れる日本人もいるようなので、日本語の情報もいくつか見つかります。

少し古い(2014年)ですが詳しくまとまっているのが下記のサイトです。

ヨーロッパへの乗り継ぎなどで日本からの訪問者数が増えているというカタールの首都ドーハ。歴史的な建造物と高層ビルが共存し、サハラ砂漠にも近い市街地では、4Gサービスが利用できる。

もう少し新しい情報ですと下記が参考になります。

欧州方面のフライトは距離もあることからチケットが割高になりがちですが、直行便ではなく乗り継ぎ便で探すと意外と安いチケットが見つかります。中でもカタール航空はキャンペーン時には6万円台で欧州へ、筆者の場合だとチケット販売サイトのバーゲンと組み合わせることで、羽田空港からイタリア・ミラノまでの航空券を4万9210円で....

ただし、この方は空港の制限区域内で買っているのでカタール滞在の旅行者とはちょっと状況が違うかもしれません。

結局私は最新情報を求めて下記の英語のサイトを参考にしました。

Ooredoo has the better coverage and higher speeds at higher prices compared to Vodafone. 2G/GSM is 900 and 1800 MHz and 3G/UMTS on 2100 MHz. 4G/LTE has started ...

ちなみに1カタール・リヤルは約30円(2019年11月現在)です。カタール・リヤル(QR)を30倍すれば日本円価格となります。

全体的な情報

  • プリペイドSIMカードの購入にはパスポートが必要(ID登録しないとSIMが停止される)
  • インターネットのフィルタリング(ブロッキング)がある

Ooredoo

カタール最大のキャリアです。カバレッジ・スピードの面でVodafoneを上回っていますが、価格は高めのようです。

下記が公式サイトになります。

  • プリペイドSIMカードの入手
    • 「Hala starter set」という名前で購入可能。価格はQR35。250分の通話、250MB/7日のデータ通信込み
  • インターネットパッケージ
    • Data Recharge (1回限り)
      • リチャージコードで直接購入可能。リチャージ番号をSMSで127へ送信。
        価格データ通信量有効期限
        QR 5200MB当日24時まで
        QR 10500MB当日24時まで
        QR 201GB7日間
        QR 301GB14日間
        QR 602.5GB28日間
        QR 804GB28日間
        QR 1007GB28日間
        QR 15014GB28日間
        QR 20020GB42日間
    • Data Pack (自動更新)
      • *121#で申し込み可能
        価格データ通信量有効期限
        QR 201GB1日
        QR 201GB7日間
        QR 125無制限 (125GB超過で速度低下)7日間
      • 自動更新を止めるには「STOP DP」をSMSで121へ送信
  • APN情報
    APNdata
    ユーザ名なし
    パスワードなし
  • コマンドなど
    • 残高確認: *129#

Vodafone

カバレッジではOoredooに劣りますが、都市部に滞在する限りでは問題ないようです。またわずかに安くなっているようです。

下記が公式サイトになります。

  • プリペイドSIMカードの入手
    • 「Welcome pack」がQR 25で入手可能
  • インターネットパッケージ
    • 「*888*リチャージコード#」で直接購入可能。
      価格データ通信量有効期限ボーナス
      QR 5300MB当日24時までなし
      QR 10300MB3日間450MB (4日間)
      QR 20700MB7日間836MB (8日間)
      QR 301GB14日間1GB (8日間)
      QR 502GB28日間1.8GB (8日間)
      QR 602.5GB28日間2GB (8日間)
      QR 804GB28日間2GB (8日間)
      QR 1007GB28日間2GB (8日間)
  • APN情報
    APNweb.vodafone.com.qa
    ユーザ名なし
    パスワードなし
  • コマンドなど
    • 残高確認: *100#
    • データ残量確認: *129#

まとめ

今回は調査したカタールのプリペイドSIMカード事情を紹介しました。

カタールは観光に力を入れているだけあって、空港で簡単にSIMカードを購入できそうです。キャリアは2社で、僻地に行くならOoredoo、都市部に内在するならVodafoneとすると良さそうです。

次回はカタールで実際にSIMカードを購入したことを紹介します。