ポルトガルでプリペイドSIMを使う その1: 情報収集

バターリャ修道院

前回まではタンザニアのプリペイドSIMカードについて紹介しました。今回からはヨーロッパに戻りポルトガル編です。

その他の国については下記のまとめページを参照してください。

SIMフリーのスマートフォンで海外のプリペイドSIMカードを利用しています。世界各国でのプリペイドSIMカードの購入方法・設定方法・使い方などを紹介します。

実はポルトガルを訪問したのは2011年10月で、いまから2年以上前のことになります。状況が変わっている可能性があるので、今回は再度調べなおした情報を紹介します。

あくまでもWebでの調査レベルの情報であり、現地では確認できていない点にご注意ください。

ドコモのローミング情報

まずはドコモのローミング情報です。これで、ドコモ端末で確実に通信ができる携帯電話会社を把握することができます。また、3G対応やサービスエリアについても確認可能です。

ポルトガルにおけるNTTドコモの携帯電話による通話やネット(国際ローミング)の対応結果を表示します。お使いの機種により対応エリア/サービス/料金が異なるため、渡航前にご確認ください。

2014年3月現在の状況は下記の通りです。

ドコモのローミング情報

OPTIM, TMN, voda P(Vocafone Portugal)の3社が3GおよびGSMで通信ができることがわかります。

Wikipediaの情報

Wikipediaには各国の携帯電話会社の情報がまとまっています。

Wikipedia情報

規模だとTMNとVodafone Portugalの2強で、ちょっと離れてOptimusという感じです。

周波数的には3Gはどの端末でも2100MHzに対応しているので、3G通信ならばどの会社でも大丈夫でしょう。

LTEだと微妙です。例えば私のAQUOS PHONE ZETA SH-02E(しかし当時使っていたのはAQUOS PHONE SH-12C)だと対応周波数は

  • LTE: 2100(B1)/1500(B21)/800(B19) MHz

となっています。周波数がかぶっているのは800MHz(バンド19)ですが、ヨーロッパのLTE 800MHz帯と日本のLTE 800MHz帯は違うという話があるので、LTEは使えない可能性があります。

最近のドコモ端末ならLTE 1800MHz(B3)を使えるらしいのでもしかしたらLTEがポルトガルでも使えるかもしれません。

インターネット上の情報

「ポルトガル プリペイドSIM」で検索するといくつか日本語の情報が出てきます。

一番参考になるのはIT Mediaの”海外プリペイドSIM導入マニュアル”シリーズかもしれません。

古きよき時代の建物が並ぶ、ポルトガル・リスボン。この都市も意外と「プリペイドSIMカード」天国で、海外渡航者にも便利なプリペイドサービスがある。到着後の空港で入手したVodafone PortugalのSIMカード例に、導入方法を紹介する。

また、マイナビニュースの”予算1万円で海外現地スマホを買う方法”シリーズでもポルトガル編がありました。

海外旅行先でスマホを買って活用することはできるのだろうか? 予算は1万円。今回はポルトガルの首都、リスボンで1カ月データ定額付きの1万円スマホを購入してみた。

まとめ

今回は調査したポルトガルのプリペイドSIMカード事情について紹介しました。

しかし、当時の記録を見ていると、当時の私は全く事前調査をせずにポルトガルに向かったようでした・・・

次回は実際にポルトガルでプリペイドSIMカードを購入したお話です。