オマーンでプリペイドSIMを使う その2: OmatelのプリペイドSIMカードを購入!

前回はオマーンのプリペイドSIMカード事情を調べてみました。今回はいよいよ現地で購入です。

今回は空路でマスカット国際空港に到着しました。ほとんどの方がこのルートでオマーンに入国することになると思います。

なお、私のスマートフォンはSIMロックを解除してあります。海外でプリペイドSIMを使おうと思っている方は、SIMロック解除してあること(いわゆるSIMフリー状態)を確認してください

今回の記事は2017年5月の取材に基づいています。

特にマスカット国際空港は拡張工事をしており、状況が変わっていると思いますのでご注意ください。

マスカット国際空港の状況

私がオマーンを訪問したときには、マスカット国際空港の新ターミナルは開業しておらず、こじんまりとした旧ターミナルを利用しました。

このため、プリペイドSIMカードを売っているキャリアのカウンターはすぐに見つけることができました。

場所は、税関を抜けて到着ロビーに出て正面です。

Omatel・Ooredooの両キャリアとも到着ロビーにあります。

OmatelのプリペイドSIMカード購入!

空港のキャリアのカウンターの店員さんは外国人になれているのですぐにプリペイドSIMカードを売ってくれます。

私は事前調査でOmatelの方が使いやすそうだったので、Omatelを選択しました。

私が到着したときには1・2名ほど並んでいたと思いますがすぐに順番が回ってきました。

順番が回ってくると、店員さんはインターネットパッケージの一覧を見せてくれます。

1週間で1GB使いたいというと、

  • プリペイドSIMカード (2 OMR = 約550円)
  • 3 OMRのリチャージカード (約840円)

を売ってくれました。

私がオマーンを訪問した2017年5月には、1週間・1GB・3 OMRというインターネットパッケージが存在しました。

購入にはパスポートが必要です。空港ですのでパスポートは持っていると思いますが、市内で購入するときには注意してください。

下記が購入したプリペイドSIMカードのパッケージです。パッケージはクレジットカードより一回り小さいコンパクトな物です。

SIMカードのパッケージ 表

SIMカードのパッケージ 裏

パッケージに書かれている「Hayyak」といのがOmatelのプリペイドSIMカードの商品名です。

同時に購入したリチャージカードが下の写真です。

リチャージカード 表

リチャージカード 裏

購入したプリペイドSIMカード

購入したプリペイドSIMカードのパッケージを開けると、当たり前ですがプリペイドSIMカードが出てきます。

SIMカードはクレジットカード半分サイズの台紙についています。

OmatelのSIMカード 表

OmatelのSIMカード 裏

プリペイドSIMカードのサイズは標準・マイクロ・ナノの3サイズ対応なのでどのスマホでも利用できると思います。

パッケージにはSIMカードに加えて取扱説明書もついてきます。

説明書は英語とアラビア語で記載されています。

取扱説明書

説明書といっても内容はシンプルで、

  • SIMカードを挿入してPIN番号を要求されたら台紙のPINを入力すること
  • 残高確認は「*100#」

あたりがポイントです。

まとめ

今回はオマーンのマスカット国際空港でOmatelのプリペイドSIMカードを購入したことを紹介しました。

マスカット国際空港では、入国してすぐにキャリアのカウンターがありすぐにプリペイドSIMカードを買うことができます。

空港だからといって割高ということもなく、通常料金で購入できます。店員さんも外国人に慣れているので空港でSIMカードを調達するのがベストでしょう。

次回はこのプリペイドSIMカードを使えるようにしたいと思います。