ナゴルノ・カラバフでプリペイドSIMを使う その3: Karabakh Telecomの初期設定

前回はナゴルノ・カラバフのステパナケルトでKarabakh TelecomのプリペイドSIMカードを購入したことを紹介しました。

今回はこのプリペイドSIMカードの初期設定を紹介したいと思います。

今回の記事は2018年8月の取材に基づいています。

現在とは状況が変わっているかもしれないのでご注意ください。

購入したプリペイドSIMカード

購入したプリペイドSIMカードを再度紹介しておきます。

私が購入したのはKarabakh TelecomのプリペイドSIMカードです。

Karabakh TelecomのSIMカード 表

Karabakh TelecomのSIMカード 裏

300MBのインターネットパッケージも一緒に購入しました。

アクティベーション

プリペイドSIMカードを使うにはアクティベーションが必要です。

私がプリペイドSIMカードを購入したKarabakh Telecomの店舗の場合は店員さん側でアクティベーションをやってくれました。

自分でやる場合にはどこかに電話をすれば良いようです。自分の宿等に電話をかければ良いでしょう。

電話をすると自動応答の音声がアナウンスをしてきますが、それは残高と有効期限のようなので無視しても問題なさそうです。

TOP UP

TOP UP(リチャージ)も、私の場合はKarabakh Telecomの店舗でやってくれました。

面倒なので最初に必要な金額(=インターネットパッケージの価格)を決めて、購入時に必要分を伝えて支払ってしまうのがお勧めです。

もし店舗でやってくれなかった場合は自分で行う必要があります。

リチャージカードを入手する必要があります。このカードはKarabakh Telecomの店舗で買えるようです。

リチャージカードには12桁のシークレットコードが書かれています。TOP UPには、通話アプリで「*123*」に続けて12桁のシークレットコードを入力し、最後に「#」を入力すればOKです。

インターネットパッケージの購入

私はインターネットパッケージもKarabakh Telecomの店員さんがやってくれました。

自分でやる場合はインターネットパッケージのリストに書かれている「Activation USSD」を通話アプリで入力すればOKです。

APN設定

スマートフォンでインターネット通信をするためにはAPNというのを設定をする必要があります。

Androidの場合は「設定」→「ネットワーク」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」あたりに設定メニューがあります。

私が使用しているスマートフォンGoogle Pixel 2の場合は、SIMカードを挿入するだけで自動的にAPNが設定されました(と思います)。

APN設定

自動設定された内容は次の通りです。

APN connect.kt.am
ユーザ名 なし
パスワード なし

これは事前の調査対象と一致していました。

これで3Gで接続できます。

3G(HSPDA)で接続中

まとめ

今回はナゴルノ・カラバフのKarabakh TelecomのプリペイドSIMカードの初期設定を紹介しました。

Karabakh Telecomの店舗で購入した場合は、アクティベーション・TOP UP・インターネットパッケージの購入を全てやっくれると思います。

ただ、プリペイドSIMカードに付属する説明書で英語でやり方が書いてるので、自分でやる場合もそれほど難しくないようです。

次回はこのプリペイドSIMカードを実際に使った様子を紹介します。