アゼルバイジャンでプリペイドSIMを使う その3: Bakucellの初期設定とステータス確認

前回はアゼルバイジャンのバクーでBakucellのプリペイドSIMカードを購入したことを紹介しました。

今回はこのプリペイドSIMカードの初期設定と初期状態を紹介します。

今回の記事は2018年8月の取材に基づいています。

現在とは状況が変わっているかもしれないのでご注意ください。

購入したプリペイドSIMカード

購入したプリペイドSIMカードを再度紹介しておきます。

私が購入したのはBakucellのプリペイドSIMカードで価格は5AZNです。

BakucellのプリペイドSIMカード 表

BakucellのプリペイドSIMカード 裏

購入に合わせてインターネットパッケージ1GB分の5AZNと、アクティベーション手数料の1AZNの合計6AZNをTOP UPカードで購入しました。

BakucellのTOP UPカード 5AZN分

BakucellのTOP UPカード 裏

アクティベーションとTOP UP

プリペイドSIMカードを使うにはアクティベーションが必要です。

Bakucellの場合(というか私が行った店舗の場合)は、スマートフォンの言語を英語にして店員さんに渡せば全てやってくれました。

アクティベーションに完了すると、次のようなSMSが送られてきます。

ウェルカムメッセージ

翻訳してみると内容はいわゆるウェルカムメッセージという感じでした。

ちなみにこのSMS中の「CIN」というのは購入したSIMカードの名前(種類)です。

TOP UPも店員さんがやってくれます。TOP UPに成功するとSMSが送られてきます。

TOP UP完了メッセージ

1AZNのTOP UPカードを買ったので1AZN毎にTOP UPしているのがわかります。

私のスマホにはなぜか3AZNのところからしかSMSが残っていなかったのですが、合計で残高が5AZNになるまでTOP UPをしておりました。

従って、

  • 初期残高は0AZNだった
  • TOP UP手数料として1AZNが惹かれている

ということがわかります。

インターネットパッケージの購入

インターネットパッケージについても店員さんが全部やってくれます。

インターネットパッケージの申し込み完了

Google翻訳で翻訳してみると1GBのインターネットパッケージを5AZNで買ったことがわかります。

有効期間は1ヶ月後の2018/09/11までです(この日は2018/0811でした)。

後半部分はちょっと注意が必要です。データ通信量が1GBを超えた場合は、100MBあたり0.89AZNが課金されます。残高が足りない場合は、64Kbpsに通信速度が制限されることになります。

ちなみに1GBのインターネットパッケージを申し込む場合は「*444*1000#」を入力すればよいようです。

APNの設定

スマートフォンでインターネット通信をするためにはAPNというのを設定をする必要があります。

Androidの場合は「設定」→「ネットワーク」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」あたりに設定メニューがあります。

私が使用しているスマートフォンGoogle Pixel 2の場合は、SIMカードを挿入するだけで自動的にAPNが設定されました。

APN設定

自動設定された内容は次の通りです。

APNinternet.bakcell.com
ユーザ名なし
パスワードなし

私の場合はこれで問題なくLTEで接続することができました。

LTEで接続

うまくいかない場合は下記のAPNを試してみてください。

APNinternet.bakcell.com
ユーザ名なし
パスワードなし

ステータス確認

BakucellのプリペイドSIMカードではかんたんにステータスを確認することができます。もちろんアゼルバイジャン語ですが数値に注目すればなんとなく理解できるはずです。

Bakucellでステータスを確認をするためには場合は通話アプリで「*100#」を入力して発信します。

ステータス確認

これで画面に現在のステータスが表示されます。

ステータス確認結果

いろいろ表示されていますが、おそらく次のような意味だと思います。

残高0 AZN
ボーナス1 AZN
有効期限2018/9/5
通話(ボーナス)他キャリア 50分, Bakucell 50分
SMS(ボーナス)50通
データ (インターネットパッケージ)1024.00MB
データ (ボーナス)53.87MB

ボーナスというのは新規プリペイドSIMカードが開通したおまけとして無料で付与されたものです。

通話ボーナス部分の「heftesonu」と「shebekedaxili」がうまく翻訳できなかったので、予想です。

「データ(インターネットパッケージ)」の部分は、1GBのインターネットパッケージを申し込んでいるので1024.00MBと表示されています。

データのボーナスがある場合は、先にデータボーナスから消費されます。おそらく開通時のボーナスは100MBだったのだと思います。

まとめ

今回はアゼルバイジャンのBakucellのプリペイドSIMカードの初期設定などを紹介しました。

私が購入した店舗では店員さんがアクティベーションやインターネットパッケージの購入などを全て行ってくれました。

SIMカードのステータスはアゼルバイジャン語表示ですがかんたんにできますので使いやすいSIMカードだと思います。

次回はこのプリペイドSIMカードを実際に使った様子を紹介します。