Debian 6.0 (squeeze)でWordPress3.3を使う その4: その後

時間経過

(前回へのリンク)

以前、このブログでDebian 6.0 (squeeze)に無理やりWordPress 3.3のパッケージを入れる方法を紹介しました。

今回はその後日談をお届けします。

Debianのセキュリティアップデート

Debianでは次のコマンドでパッケージの更新がある場合は自動的にアップデートしてくれます。

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

Debian 6.0 (squeeze)はすでに安定版としてリリースされていますので、基本的にパッケージの更新はありません。

しかし、セキュリティ上の問題があるパッケージは随時更新されます(なので、こまめにアップデートの確認をしましょう)。

セキュリティ情報はDebianのサイトで確認することができます。

WordPressパッケージ

実はWordPressのパッケージにもセキュリティ情報が出ております。

DSA-2470 wordpress — several vulnerabilities

(中略)

For the stable distribution (squeeze), those problems have been fixed in version 3.3.2+dfsg-1~squeeze1

For the testing distribution (wheezy) and the unstable distribution (sid), those problems have been fixed in version 3.3.2+dfsg-1.

We recommend that you upgrade your wordpress packages.

どうやら、「WordPressパッケージにはいくつかの脆弱性が見つかった、squeeze用のバージョン3.3.2+dfsg-1~squeezeでは直っているので更新するのがお勧め」とのことです。

WordPressパッケージの更新

というわけで、

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

を実行してみましょう。

以前(その1、その2、その3)はやたら苦労しましたが、これだけでSqueezeでWordPress 3.3.2を使うことができます。

ちなみに、私のようにwheezyのWordPressパッケージを無理やり入れていても、上記のコマンドでsqueeze用のWordPress 3.3.2に更新されます。

まとめ

Debian 6.0 (squeeze)でも簡単にWordPress 3.3が使えるようになっていました!

古いパッケージには脆弱性がありますので更新しておきましょう!