イギリスでプリペイドSIMを使う その9: O2のコンテンツフィルタリング

ケンブリッジ大学

前回はイギリスO2のオンラインサービスであるMy O2について紹介しました。

今回はO2のプリペイドSIMカードを利用して驚いたことの一つであるコンテンツフィルタリングとその解除方法を紹介します。

コンテンツフィルタリング

O2で(Wi-Fiは無効の状態で)Webを見ていると時々次のような画面が表示されます。

filtering-1

なんと「このWebサイトを見るためには18歳以上である必要がある」ということで遮断されてしまうのです。

遮断されるサイトがどのように選ばれているのかは不明ですが日本語のサイトも含まれております。それもアダルト関係のサイトだけでなく、2chのまとめサイトのようなところでもこのようなフィルタリングが行われていました。

今まで様々な国でプリペイドSIMカードを使ってきましたが、このようなコンテンツフィルタリングが行われたのは2ヶ国目です(1ヶ国目は中国)。ただし、中国は一方的な遮断ですが、イギリスO2の場合は18歳以上であることを証明すればアクセスが可能になります。

コンテンツフィルタリングの解除

先ほどの画面で「Continue」を選択すると次のような画面が表示されます。

どうやらクレジットカードを持っていることで18歳以上を証明するようです。具体的には1ポンド課金して成功すれば有効なクレジットカードを持っているので18歳以上となるようです。なおこの1ポンドは返金されます。

なお、フィルタリングは再度有効ににすることもできます。2度目以降のフィルタリング解除では1ポンドの課金は返金されません。

filtering-2

上記の画面で「Continue」を選択するとクレジットカード情報を入力する画面になります。この画面で必要な情報を入力して再び「Continue」を選択します。

filtering-3

正しいクレジットカード情報を入力すると次のような画面になり、18歳以上である確認が完了したことがわかります。

filtering-5

なお、ほぼ同時に次のようなSMSも送られてきます。

filtering-6

これでコンテンツフィルタの解除の完了です。

まとめ

今回はO2のプリペイドSIMカードにあるコンテンツフィルタリング機能とその解除方法を紹介しました。

まさかこのようなコンテンツフィルタリングがあるとは思わず、最初に表示されたときはびっくりしてしまいました。他のイギリスのプリペイドSIMカードはどうなのか興味があるところです。

だいぶ引っ張ってしまいましたがイギリス編はこれで終わりにして、次回はお隣アイルランドのプリペイドSIMカードを紹介したいと思います。