南アフリカでプリペイドSIMを使う その3: MTNの初期設定と初期状態

ケープポイント

前回は南アフリカのヨハネスブルグ国際空港でMTNのプリペイドSIMカードを購入したことを紹介しました。

今回はこのプリペイドSIMカードの初期設定と初期状態を紹介したいと思います。

購入したプリペイドSIMカード

かんたんに購入したプリペイドSIMカードを紹介しておきます。

プリペイドSIMカードの価格は63.49ランド、インターネットパッケージが1GBで160ランドで合計223.49ランド(約1700円)でした。

SIMカードのサイズは標準・マイクロ・ナノの3サイズ対応です。

MTNのプリペイドSIMカード 表

MTNのプリペイドSIMカード 裏

データ通信の設定

ヨハネスブルグ空港でMTNのプリペイドSIMカードを購入した場合、アクティベーションやインターネットパッケージ購入は店員さんがすべてやってくれます。

自分で行う必要があるのはAPNだけです。

Nexus5にMTNのSIMカードを装着したところ自動的にAPNの設定が行われました。

APN設定

Nexus5にプリインストールされていた設定では次のようになりました。

APN: myMTN
ユーザ名: mtnwap
パスワード: mtnwap

事前の情報とは異なりましたが、私はこれデータ通信ができるようになりました。

ステータスの確認

残高などステータスの確認は「*141#」に発信することによって行うことができます。

残高照会のコマンド

購入直後に「*141#」を実行した結果が下記です。通話(Airtime)が120ランド分、データ通信が2.1GBできることが分かります。

残高照会の結果

購入した内容から行くと

  • 通話(Airtime): プリペイドSIMカードに最初からついてきた60ランド分
  • データ通信: 追加で購入した1GB

となるはずですが、その2倍以上つかえることになっています。

ステータスの詳細は「*141*1#」で表示させることができます。「*141*1#」に発信すると次のようなメニューが表示されます。

詳細なステータス確認メニュー

ここで「1」を入力するとAirtimeの詳細ステータスを得ることができます。

詳細なステータス (Airtime)

実行してみると、プリペイドSIMカードに付属してきたAirtimeが60ランドでこれは無期限となっています。さらに、インターネットパッケージを購入するためにチャージしたことになっていて、このボーナスのAirtimeが60ランドあることが分かります。

ただし、ボーナスのAirtimeは1日しか有効期間がないようです。

また、「*141*1#」で表示されるメニューで「2」を入力するとインターネットパッケージの詳細情報が表示されます。インターネットパッケージの詳細情報は複数回に分けて表示されるので、「1」を入力すると次の画面に進むことができます。

詳細なステータス (インターネットパッケージ 1)

詳細なステータス (インターネットパッケージ 2)

詳細なステータス (インターネットパッケージ 3)

インターネットパッケージは1GBで1ヵ月間有効になっておりますが、Giveback Promoというボーナスでも1GB/1ヵ月が付与されています。さらに、プロモーションで100MB/1週間が付与されています。これで合計2.1GBのデータ通信が可能というわけです。

1GBのインターネットパッケージを購入したつもりでしたが、2.1GBも使えるとは予想外でした。

まとめ

今回は南アフリカのMTNの初期設定と初期状態を紹介しました。

Nexus5の場合、APNは自動的に設定されるので、何もやることがありませんでした。MTNはいろいろボーナスがつくらしく、データ通信も思った以上に使えるのでかなり得した気分です。

次回は南アフリカMTNでインターネットパッケージを追加する方法を紹介します。