ルーマニアでプリペイドSIMを使う その2: プリペイドSIMカードを購入!

ブカレスト

前回は、ルーマニアのブタペストでプリペイドSIM事情を調査しました。

OrangeとVodafoneを調べたところ、Orangeの方がコストパフォーマンスがよさそうでした。

そこで今回はOrangeのプリペイドSIMカードを購入します。

購入場所

前回の復習です。

私がOrangeのプリペイドSIMカードを購入したのは、ブカレスト郊外のアンリ・コアンダ国際空港(オトペニ空港)からブカレスト市内に向かう途中にあるショッピングモールです。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
現在地
ルートを検索

当然ブカレスト市内にもOrangeの店舗はありますので、そちらで買うのもありだと思います。

(残念なことに私の調査では空港内には店舗を見つけることができませんでした)

プリペイドSIMカード購入

Orangeの店舗で聞き取り調査をしたときの店員さんがいたので、買うことに決めたよ!というとすんなり話が進みました。

購入したのは

  • プリペイドSIMカード: 5ユーロ (データ通信 75MB分)
    (実際には5ユーロ+付加価値税24%で6.2ユーロ)
  • リチャージ: 10ユーロ (データ通信 300MB分)
    (実際には7ユーロ+付加価値税24%で8.68ユーロ)

です。

(2012/10/25 追記)

上記のような説明を受けましたが、データ通信中心ならもっと良い運用方法があるそうです。

OrangeのプリペイドSIMで使用できるプランを「その6: プリペイドSIMカード用オプション」で紹介したので、参考にしてください。

今回はルーマニアOrangeのプリペイドSIMカード用のオプションを紹介します。 よくよく調べてみると、自分が無駄な運用をしていたことが分かりました。やはり事前の調査は重要です。

OrangeのプリペイドSIMカード

金額はユーロで言われますが、実際にはその日のレートで換算したルーマニア・レイ(RON)で支払うことになります。インフレ(自国通貨安)対策だと思います。

購入に際してはパスポートを提示する必要はありませんでした。

単に支払いをするだけでOKです。ここのお店では支払いはカードでOKだったと思います。

リチャージに関しては自分では何もする必要がなく、店員さんが店舗のコンピュータで適当に処理をしてくれます。

まとめ

今回はルーマニアのOrangeのプリペイドSIMカードを購入することに成功しました。

ちょっと短い記事となってしまいましたが、キリが良いので今回はここまでにしておきます。

次回は、アクティベーションと初期設定について紹介します。