ペルーでプリペイドSIMを使う その3: Claroの初期設定と初期状態

前回はペルーのクスコでClaroのプリペイドSIMカードを購入したことを紹介しました。

今回はこのプリペイドSIMカードの初期設定と初期状態を紹介します。

購入したプリペイドSIMカード

購入したプリペイドSIMカードを再度紹介しておきます。

私が購入したのはClaroのプリペイドSIMカードで価格は5ソルです。購入に合わせて20ソルを支払って1GBのインターネットパッケージも購入しています。

ClaroのプリペイドSIMカード 表

ClaroのプリペイドSIMカード 裏

アクティベーションとインターネットパッケージの購入

Claroショップで買ったので全て店員さんがやってくれます。

SIMカードをスマートフォンに挿入すると、すぐにSMSが送られてきます。

リチャージとインターネットパッケージのSMS

1通目のSMSは20ソルのリチャージに成功し、300MBのデータ通信などのボーナスがもらえたことを示しています。

2通目は購入時に依頼した1GBのインターネットパッケージを購入したことを示しています。

初期設定

初期設定はAPNの設定を行うだけです。

APN claro.pe
ユーザ名 claro
パスワード claro

私のスマートフォン(Google Pixel 2)の場合はあらかじめClaroのAPN情報が入っていたので自動的に選択されていました。

APN情報

ステータスバーにLTEと表示されているように、クスコではLTEで通信可能でした。

SIMのステータス

ステータスの確認

事前調査ではClaroのプリペイドSIMカードのステータスを確認するためには、777に「sal」あるいは「saldo」というテキストをSMSで送ればよいとのことでした。

実際に試してみると、次のようになりました。

SMSでのステータス確認

翻訳してみると

  • Mi Claroアプリを使うと、簡単でデータを消費しないのでお勧め
  • 「*212#」で問い合わせると2ソルかかる(?)

ということのようです。

早速、Mi Claroアプリを入手すべく、SMSに記載のURLにアクセスしてみます。

このURLを開くとGoogle Playが開き、Mi Claroアプリをインストールすることができます。ところが・・・

アプリはインストールできない

「このアイテムはお住まいの国でご利用いただけません」となってしまいました。

もちろんこのときは、ペルー国内でClaroのSIMカードを使ってインターネットにアクセスしているのですが・・・

日本帰国後に、

  • Google Play Storeアプリのキャッシュを削除
  • ペルーのVPNに接続

を試してみましたが、相変わらずインストール不可でした。

仕方がないのでSMSに記載されていた「*212#」を使ってみます。

USSDによるステータス確認

これで残高などが表示される・・・と思ったのですが、次のようなメッセージがスマートフォンの画面に表示されるだけでした。

ステータス確認失敗

翻訳してみると「あなたの回線はこのサービスを利用できない」ということのようです。

プリペイドSIMカードの残高が不足しているのかもしれません。

結局、Claroのステータス確認方法は不明のまま、私は使い続けることになりました。

今回は十分なデータ量のインターネットパッケージを買っていたので、ステータス確認ができなくても問題がなかったですが、データ量がギリギリの場合は注意が必要と思います。

まとめ

今回はペルーで購入したClaroのプリペイドSIMカードの初期設定と初期状態を紹介しました。

Claroショップでインターネットパッケージを有効にしてくれるので、初期設定はAPNを設定するだけです。

ただ、ステータス確認についてはアプリのインストールができず、実行することができませんでした。

次回はこのプリペイドSIMカードを実際に使った様子を紹介します。