アルゼンチンでプリペイドSIMを使う その3: Movisterの初期設定

ロス・グラシアレス国立公園

前回はアルゼンチンのエル・カラファテでMovisterのプリペイドSIMカードを20ペソで購入したことを紹介しました。

今回はこのプリペイドSIMカードを初期設定して使えるようにしたいと思います。

購入したプリペイドSIMカード

購入したプリペイドSIMカードを紹介しておきます。

購入したのはMovistarのプリペイドSIMカードで、価格は20ペソになります。

MovistarのプリペイドSIMカード 表

MovistarのプリペイドSIMカード 裏

SIMカードのサイズは標準とマイクロの2サイズに対応したタイプです。

パッケージを開くと内側が下記のように簡単な説明書になっています。しかしスペイン語のため解読は困難です。

Movistarのパッケージ内の説明

アクティベーション

アクティベーションは簡単です。というか何もする必要はありません。

プリペイドSIMカードをスマートフォンにさして電源を入れると認識します。認識しない場合は、「設定」→「モバイルネットワーク」→「通信事業者」が「自動」になっていることを確認しましょう。

プリペイドSIMカードを認識すると間もなくしてSMSが2通ほど送られてきます。

開通のSMS

料金体系の説明のSMS

一つ目のSMSは開通のお知らせです。

このSMSに返信するとディスカウント(「1」の返信でMovistar間の通話が半額、「2」の返信でSMSが0.05ペソに)があるのかもしれませんが私は試していません。

二つ目のSMSは料金体系のお知らせです。料金体系は

  • 通話: 最初の30秒が2.3ペソ、以降1秒0.0767ペソ
  • データ通信: 50MBで3.90ペソ
  • SMS: 1通1.1ペソ

とのことです。

TOP UP(チャージ)

無事にプリペイドSIMカードを認識したので、キオスクの店員さんに50ペソのTOP UPをお願いします。支払いは現金のみでした。

50ペソを支払うと、店員さんが店にある端末でTOP UPの処理をしてくれます。電話番号が必要になるので、プリペイドSIMカードのパッケージも渡してあげましょう。

TOP UPに成功すると次のようなSMSが送られてきます。

TOP UP完了のSMS

なお、店員さんからは次のようなレシートを渡されますが、店員さんが端末で処理をしてくれた場合は特に何もする必要はありません。

TOP UP時のレシート

なお、店にTOP UP用の端末がない場合はTOP UPカード(リチャージカード)を売ってくれると思います。その場合は、リチャージカードの番号を確認して「*444*リチャージカードの番号#」に発信すればよいようです。

まとめ

今回はアルゼンチンのMovistarのプリペイドSIMカードの初期設定を紹介しました。

初期設定といっても自分では特に何もすることがないため使うのが非常に簡単なプリペイドSIMカードです。TOP UPもキオスクの店員さんが行ってくれるので手間いらずです。

次回はこのプリペイドSIMカードでインターネット通信をできるようにします。