Android おさいふケータイのセットアップ

以前のFOMA携帯からスマホに移行しようと思ったのはおさいふケータイが使えるようになったからだったりします。

コンビニとかではiDで決済しているので、おさいふケータイ機能は欠かせません。

AQUOS PHONE S-12Cにはおさいふケータイ機能はありますが、もちろんセットアップが必要です。

iDのセットアップ

準備

FOMA携帯でiDを使っていた人は、iD情報をいったんネットに預けてからAndroidでダウンロードすれば設定かすぐに完了します。

しかし、新たにiDを使えるようにするにはクレジットカード会社に申し込む必要があります。自分のクレジットカード会社に電話しましょう。

ちなみに私は実はすでにAndroidでiDを設定していたのですが、ここで書いたように故障してしまったので新たに申し込みました。

私が申し込んだ三井住友カードの場合は1週間弱で書類が届きます。書類にはアクセスコードが書いてあり、これが重要です。

設定

まず、おさいふケータイアプリを起動してサービス一覧を表示させた後、設定したいサービスを選びます。ここではiD設定アプリを起動します。

おさいふケータイ

おさいふケータイ

次にiDの申し込みをしたクレジットカード会社を選択します。私の場合は三井住友カードです。

おさいふケータイ - カード名検索

おさいふケータイ – カード名検索

次は「新しいカード情報の設定」を選択して、カード情報として「アクセスコード」と「暗証番号」を入力します。

おさいふケータイ - 設定の選択

おさいふケータイ – 設定の選択

おさいふケータイ - カード情報の入力

おさいふケータイ – カード情報の入力

カード情報の入力して「設定」押すと、サーバと通信を始めます。1,2分で設定を完了します。

おさいふケータイ - 設定完了

おさいふケータイ – 設定完了

これでコンビニとかでもケータイをかざせばお買い物ができます!

Edyのセットアップ

iDの次はEdyです。Edyは電子マネーですね。最近はあまり使っていないのですが、セットアップしておきます。
(ANA ICサービスより先にEdyをセットアップすることをお勧めします)

Edyの場合はサービス一覧から「Edy」を起動します。そして表示された画面で「Edyの利用を始める」の部分をタッチします。

Edy

Edy

これでEdyとして使えるようになります。

Edy 設定完了

Edy 設定完了

「サービスの登録」を行うと、クレジットカードからチャージできたりするようになるのですが、今回はやめておきました。

Edyのセットアップ完了した証拠にサービス一覧を表示させるとEdyが格好いいアイコンになっています(上から2番目)。

Edy 設定完了

Edy 設定完了

ANA ICサービスのセットアップ

ANA ICサービスを設定すると、国内線飛行機をスマホをかざすだけで乗れるようになります。いわゆるSkipサービスが使えるようになります。

設定するにはまずはサービス一覧から「ANA ICサービス」を選択します。

サービス一覧

サービス一覧

次に表示される画面でICサービスメニューはこちらをタッチします。

ANA IC設定

ANA IC設定


ここでANAマイレージクラブの会員番号とパスワードを入力します。

ANA IC マイレージクラブ情報の入力

ANA IC マイレージクラブ情報の入力

ANAマイレージクラブの会員情報を入力したら「お客様番号の登録」を選択します。これで設定は完了です。

ANA ICサービス登録完了

ANA ICサービス登録完了

ここまできたら一端ICサービスの画面に戻って「ケータイ de Edy マイル登録」を選択します。

ケータイ de マイル

ケータイ de マイル

これでEdyの番号とANAマイレージクラブの番号を結びつけることができました。Edyで買い物するとANAマイルがたまるようになります。