スリランカでプリペイドSIMを使う その4: Mobitelのインターネットプラン

シーギリヤロック

前回はスリランカのMobitelの初期設定について紹介しました。

今回はお得にインターネットを使うためのMobitelのインターネットプランを紹介します。

Mobitelのインターネットプラン

Mobitelのインターネットプランは次のページに載っています。

  Now, make high-speed net surfing a reality with Mobitel. Get onto the Internet directly on your mobile phone or use the USB High Speed Internet modem on your ...

2013年4月現在は次のようになっています。

Prepaid Internet Plans

表の意味は

  • Subscription fee with taxes: 税込価格
  • Free DATA: データ通信量上限
  • Free SMS (M2M): 無料SMS (たぶんMobitel同士)
  • Free Minutes (MSM): 無料通話(たぶんMobitel同士)
  • Excess Usage per MB: 上限を超えた場合の料金(1MBあたり)。有効期間内のみ適用。
  • Validity: 有効期間

を理解していれば大体わかると思います。

なお、空港のMobiteのブースで入手したパンフレットは次のようになっていました(画像をクリックで拡大)。

パンフレット

インターネットプランの選択

私の場合は滞在日数が8日の予定でした。経験上、1週間だと500MB程度あれば十分だと思ったので、200MB/39ルピーのプランを2回使うことにしました。いま思えば450MB/89ルピーのプランでも良かったと思いますが・・・

なお、インターネットプランの途中で再度インターネットプランの申し込みをするとデータ通信の上限は加算されます。

インターネットプランの申し込み

インターネットプランの申し込み方法についても、上記のWebページに記載されています(パンフレットにも書いてあります)。

Activation Methods

申し込み方法はいくつかありますが、一番上の行の「SMS activation」が一番簡単だと思います。7678という番号にDで始まるコードを記載して送信するだけです。例えば、200MB/39ルピーのプランでは「D39」とだけ入力してSMSを7678に送信します。

申し込みに成功すると、次のようなSMSが送られてきます。

申し込み完了のSMS

スマートフォンの設定

前回紹介しましたが、再掲しておきます。

まずAPNの設定を行いましょう。

「設定」→「ネットワーク設定」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」

と選択してメニューキーを押して「新しいAPN」を選択します。

ここで次のように設定します。

名前 mobitel (何でも良い)
APN mobitel3g
ユーザ名 なし(空欄)
パスワード なし(空欄)

Mobitelのサービスエリアはかなり広いので、基本的に3GをつかむようにGMSは切っておきます。

「設定」→「ネットワーク設定」→「モバイルネットワーク」→「ネットワークモード」

では「LTE/3G」を選択しておきます。圏外になるようでしたらその時だけ「LTE/3G/GSM(自動)」とすればよいでしょう。

最後に「設定」→「ネットワーク設定」→「モバイルネットワーク」として、「データ通信を有効にする」と「データローミング」の両方をオンにします。

これはMobitelのプリペイドSIMを使うとスリランカ国内でもなぜかローミング中途AQUOS PHONE ZETA SH-02Eが認識するからです。不具合かもしれません。特にローミング料金はかかりません。

まとめ

今回はMobitelのインターネットプランを申し込みました。1スリランカルピーが0.8円程度なので、どのプランを選んでも格安です。旅行者にはありがたい限りです。

次回はMobitelのプリペイドSIMカードのステータス確認方法を紹介します。