フェロー諸島でプリペイドSIMを使う その3: Føroya Teleの初期設定

前回はフェロー諸島のヴォーアル空港でFøroya TeleのプリペイドSIMカードを購入したことを紹介しました。

今回はこのプリペイドSIMカードの初期設定を紹介したいと思います。

購入したプリペイドSIMカード

購入したプリペイドSIMカードを再度紹介しておきます。

私が購入したのはFøroya TeleのプリペイドSIMカードです。SIMカードは標準・マイクロ・ナノの3サイズ対応です。

Føroya TeleのプリペイドSIMカード

Føroya TeleのプリペイドSIMカード

価格は95デンマーククローナ(約1600円)でデータ通信は2GBまで可能です。有効期限は30日になります。

SIMカードのロックの解除

早速このSIMカードをスマートフォンに入れて使おうとしてみたところ、SIMカードのロック画面が表示されてしまいました。

PINの入力が必要

SIMカードを使うのにPINの入力が必要なのは珍しいです。

焦らずにSIMカードの台紙に書かれているPIN (私の場合は「3720」)を入力しましょう。これで普通にSスマートフォンが使えるようになります。

このPINコードの入力はスマートフォンの電源を入れるたびに必要になりかなり面倒です。

そこでSIMカードのロックを無効にしておきましょう。

「設定」→「セキュリティと現在地情報」→「詳細設定」→「SIMカードロック」を選択しましょう。これで「SIMカードをロック」というメニュー項目があるのでオフにしておきます。

SIMカードのロックを無効化

このときPINの入力が求められますので、SIMカードの台紙に書かれているPINを入力します。

PINの入力

これでロックが解除されるのでスマートフォンの電源をオフ・オンしてもPINの入力は不要になります。

アクティベーション

プリペイドSIMカードを使うにはアクティベーションが必要です。

Føroya TeleのプリペイドSIMカードの場合はSIMカードをスマートフォンに入れて電源を入れれば自動的にアクティベーションされます。

スマートフォンが電波をつかんだらアクティベーションに成功したと思って良いでしょう。

Screenshot_20190428-192015

APN設定

スマートフォンでインターネット通信をするためにはAPNというのを設定をする必要があります。

Androidの場合は「設定」→「ネットワーク」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」あたりに設定メニューがあります。

私が使用しているスマートフォンGoogle Pixel 2の場合は、Føroya TeleのAPN情報がなかったのでAPNを新規作成する必要がありました。

Føroya TeleのAPN設定

設定する内容は次の通りです。

APNinternet
ユーザ名なし
パスワードなし

事前情報ではユーザ名とパスワードも「internet」と入力する必要があるとのことでしたが、実際には不要でAPNだけ入力すればOKでした。

これでLTEで接続できます。

LTEで接続完了

手持ちのiPhone SE (個人輸入したSIMフリー版)でもAPN設定が必要でした。

このiPhone SEは普段はAPNを設定するメニューはありませんが、このプリペイドSIMカードを装着した時には「設定」→「モバイル通信」→「モバイルデータ通信」でAPNの設定が可能です。

設定する値はAndroidの場合と同じです。

まとめ

今回はFøroya TeleのプリペイドSIMカードの初期設定を紹介しました。

購入したプリペイドSIMカードはスターターキットということですぐに使い始めることができます。自分で行う必要があるのはAPNの設定ぐらいです。

ただSIMカードのロックが有効になっているのでPINコードを忘れないようにしましょう。

次回はこのプリペイドSIMカードを実際に使った様子を紹介します。