ウクライナでプリペイドSIMを使う その3: Kyivstarの初期設定

オデッサの階段

前回はウクライナ・キエフのボルィースピリ国際空港でKyivstarのプリペイドSIMカードを購入したことを紹介しました。

今回はこのプリペイドSIMカードを使えるようにしたいと思います。

ポータブルBluetoothスピーカー

購入したプリペイドSIMカード

購入したプリペイドSIMカードを紹介しておきます。

前回紹介したように

  • SIMカード自体: 55UAH
  • 100UAHのTOP UPカード: 115UAH

の合計170UAHでプリペイドSIMカードとTOP UPカードを購入しました。

パッケージから取り出したSIMカードは次のようなデザインをしています。マイクロSIMを使うといったので、マイクロサイズ・通常サイズ兼用のタイプでした。

KyivstarのプリペイドSIMカード 表

KyivstarのプリペイドSIMカード 裏

この水色と黄色の組み合わせウクライナの国旗の色と一緒で、ウクライナ旅行中に何度も目にすることになると思います。

一緒に購入したTOP UPカードは次の通りです。

100UAHのTOP UPカード 表

アクティベーション

空港で購入した場合はアクティベーションは店員さんがやってくれます(おそらくそのために手数料が上乗せされています)。

自分でアクティベーションする場合は、SIMカードをスマホにセットして「*111#」に発信すればよいようです(未確認)。「*111#」は残高確認のコマンドですが、初回の「*111#」でアクティベーションできるようです。

アクティベーションに成功するとSMSが3通送られてきます。しかし、私の場合は最初の2通はアクティベーションしてから約30分後、3通目はアクティベーションの翌日に送られてきました。内容から見てアクティベーション完了のお知らせだと思うので何らかの理由でSMSの発信が遅れただけだと思います。

もちろん、これらのSMSの受信を待たずとも、SIMカードは利用することができます。

Welcomeメッセージ

1通目は「Kyivistarへようこそ」という挨拶と、「Smartphone+を有効にするには95UAHのチャージが必要」という案内です。

Smartphone+プランの説明 前半

2通目は「Kyivstar間の通話は無制限、データ通信は1500MB, Kyivstar以外との通話は60分、SMSは1UAHで1日50通、月額料金は95UAH」というSmartphone+プランの説明です。

Smartphone+プランの説明 後半

3通目は「Facebook, Twitterは無制限(パッケージのデータ量を消費しない)」というSmatphone+プランの説明の続きです。

TOP UP(チャージ)

続いてSmartphone+プランを有効にするのに95UAHが必要なので、100UAHのTOP UPカードを使ってTOP UPします。これも店員さんがやってくれます。

TOP UPの仕方は簡単です。TOP UPカードの裏のスクラッチ部分を削って14桁の数字を出します。

TOP UPカード 裏

14桁の数値が出てきたら「*123*」に続けて14桁の数値を入力して最後に「#」を入力して発信です。上記の場合は14桁の数値が「007 4205 7236 901」なので、「*123*00742057236901#」と入力して発信するればよいことになります。

TOP UP結果については特にSMS等でお知らせが来るようなことはないようです。

まとめ

今回はウクライナのKyivstarのプリペイドSIMカードの初期設定を紹介しました。

プリペイドSIMカードの説明や送られてくるSMSがすべてウクライナ語なので解読するのが非常に困難です。多少の手数料がかかりますが空港で購入するとすべてやってくれるのでお勧めです。

次回はこのプリペイドSIMカードでインターネット通信をできるようにします。