イタリアでプリペイドSIMを使う その4: TIMのステータス確認

ピサの斜塔

前回はミラノで購入したプリペイドSIMカードをアクティベートしてなんとかデータ通信できるまで設定を行いました。

今回はTIMのプリペイドSIMカードの残高・データ通信量をなどのステータス確認をする方法を紹介します。

ステータスの確認

実は私はイタリア滞在中にステータス(残高・有効期限)の確認を実行しませんでした。

なのでここで紹介する情報はWebで調べた情報になります。イタリア語→英語の翻訳を解しているので間違っているかもしれません。

イタリア国内でのステータス確認

TIMのWebページでは国内での方法と国外での方法を分けて紹介していました。

国内での方法は下記のページに記されているます。Google翻訳等で英語に翻訳するとなんとか解読することができます。

やり方はいくつか書いてあるのですが、音声でステータスを伝えられても困るので、SMSを使って問い合わせる方法がよさそうです。

上記サイトによれば「119」にSMSを送ると、情報をSMSで返信してくれるようです。こちらから送るSMSの中身は何でも良いようです。

イタリア国外でのステータス照会

イタリア国外ではステータス確認の方法は異なります。

音声案内ではない方法としては

  • 「40916」に「CREDITO」という内容のSMSを送信する
  • 「*123#」に発信する

の二つがあります。

ただし前者の方法は「残高がある場合」という但し書きが書いてあります。残高がない場合は使えない方法のようです。

一方、残高は関係ありませんが、後者の方法は「ローミングしている携帯電話会社が許せば」という条件付です。

NTTドコモにローミング中はこのコマンドが使えます。「*123#」に発信すると、すぐに画面に現在のステータスが表示されます。下記が私が日本に戻ってしばらくしてから「*123#」実行したときの結果です。

balance

見事にイタリア語です。SMSでないのでGoogle翻訳アプリのSMS翻訳も使えません。

仕方ないので画面を見ながらPCのGoogle翻訳に入力してみると「残高はなくなりました。2013年12月3日 00:54に更新」ということのようです。

購入して1ヶ月経ったので有効期限切れになってしまったようです。

データ通信プランのステータス確認

データ通信プランのステータスとしては有効期限とデータ通信量(残りデータ通信可能量)があります。

TIMでは別々の方法で確認します。

またデータ通信プランによって異なります。下記はTIMxSMARTPHONE MESEプランの場合です。

有効期限の確認は「40916」に「INFO TIMSMARTMESE」という内容のSMSを送ります。

すると次のような結果が返ってきます。

status

TIMxSMARTPHONE MESSEは2013/12/02まで有効、という意味です。

データ通信量の確認は「40916」に「SALDO TIMSMARTMESE」という内容のSMSを送ればよいようです。”よいようです”というのは実は私は現地でこれをやったことがありませんでした。”SALDO”という単語の意味を”終了”と勘違いしていたためです。

INFOとSALDOに続くキーワードは自分の加入したデータ通信プランによって異なります。Internet-Smartプランの場合は”NEWINTERNETSTART」、1週間のTIMxSMARTPHONEの場合は「TIMSMART3」になります。

まとめ

今回はイタリアのTIMEのプリペイドSIMカードでステータス確認などをする方法を紹介しました。

今回のイタリアと渡航では事前調査が不十分で現地での実際の確認ができなかったのが悔やまれます。

次回は実際の使い勝手について紹介したいともいます。