Nexus7で遊ぶ! その44: Wug’s Nexus Root Toolkitのインストール 再び (1.6.1)

前回はNexus7をAndroid 4.2.1にアップデートしたところ、SuperSUというルート化に必要なファイルがなくなってしまい、ルート化前の状態に戻ってしまいました。

今回はこれを再びルート化(というかSuperSU)のインストールをしようと思うのですが、チェックしてみたところルート化に使ったWug’s Nexus Root Toolkit(その30でインストール)がアップデートしていたので、これを更新してから再ルート化したいと思います。

Wug’s Nexus Root Toolkitとは

Wug’s Nexus Root Toolkitは、xda developersのスレッドでアナウンスされていますが、ホームページも持っています。

このページでは次のように説明されています。

VERSION 1.6.1 This program will automatically bring together all the files you need to unlock and root your device in a few clicks, or flash it back to stock and re-lock it. You can also use this program to backup/restore all your important data, flash zips, set file permissions, push and pull files, install apps, and much more! With the included file association options, you can perform tasks like flashing zips, installing apps, restoring android backup files, and flashing/booting img files with just a double click! The program includes a full featured interface for automating tasks in TWRP, enhanced restore features, an in-built auto-updater/notification system, ‘any build’ mode, and quick tools utilities.  All the latest Android builds and Nexus devices are now officially supported, including the new Nexus 10, Nexus 4, and 3G Nexus 7 (with full 4.2.0 support).  The biggest change in this release is the fully web backed system which intelligently and selectively downloads the files it needs and always makes sure you are using the latest files available.  Check out the updated Changelog for a more comprehensive breakdown of the feature set in this release.

適当に訳してみます。

VERSION 1.6.1 このプログラムは、あなたのデバイスのアンロック・ルート化のために、あるいは出荷時に戻し再ロックするために必要なすべてのファイルを数クリックであなたにまとめてお届けします。重要なファイルのバックアップ・リストア、zipファイルの書き込み、ファイルのパーミッションの設定、ファイルの取得、アプリケーションのインストールなども可能です。同梱されているファイルの関連付けによって、zipファイルの書き込み、アプリのインストール、バックアップファイルのリストア、imgファイルの書き込み、imgファイルからのブートなどの一連の処理をダブルクリックだけで実行することができます。このプログラムには、TWRP, 強化されたリストア機能, 自動更新/通知システム, ‘any build’モード, quick toolユーティリティなどの処理を自動化する機能も含んでいます。Nexus7, Nexus4, 3G Nexus7を含むすべての最新のAndroidビルドとネクサスでデバイスが公式にサポートされました(完全なAndorid 4.2.0のサポートも)。このリリースでの最も大きな変更は、あなたが最新のファイルを常に利用できるように必要なファイルを賢く選択的にダウンロードするシステムになったことです。このリリースでの機能ごとの変更点などはChangelogを参照してください。

という感じです。Android 4.2.0と書いてあってAndroid 4.2.1と書いていないのが若干気になりますが、これをインストールしてみましょう。

ダウンロード

Wug’s Nexus Root ToolkitのWebページのからダウンロードできます。

ファイル名のところをクリックするとダウンロードサイトに飛ばされ、10秒ほど待っているとダウンロードが開始します。

ダウンロード

以前は300MB以上あったのですが、48.8MBになっています。おそらく必要に応じてファイルをダウンロードする仕組みになったからだと思います。

インストール

インストール前に一つだけやっておくことがあります。

Windowsのタスクバーを右クリックしてタスクマネージャーを起動し、「adb.exe」というプログラムを強制終了させます。これをしないとインストール中に上書きできずにエラーになってしまいます。

タスクマネージャー

それではインストールします。ダウンロードしたNRT_v1.6.1.sfx.exeをダブルクリックします。

インストーラ1

最初はインストール先のフォルダを聞かれるので、お好みのフォルダを選択して、「Install」ボタンを押します。私はデフォルトのままにしました。

「Install」ボタンを押すとWindowsの警告(ユーザアカウントに関する警告)がでますが、続行すると自動的にインストールが進みます。

インストールが完了すると、使用しているデバイスと現在のバージョンを選択するウィンドウが表示されます。

インストーラー2

上のドロップダウンボックスでは「Nexus 7 (Wi-Fi Tablet)」を選びます。

下のドロップダウンボックスでは、Android 4.2.1にアップデート済みなので「NAKASI-GROUPER: Android 4.2.1 – Build: JOP40D」を選択しました。使用しているバージョンが分からない場合は、Nexus7を起動して「設定」→「タブレット情報」→「ビルド番号」を確認します。

「Apply」ボタンを押すとUSBデバッグモードの有効に仕方が表示されます。

USBデバッグモード

ここに書かれているように

  1. 「設定」→「タブレット情報」として「ビルド番号」の部分を7回連続タップ
  2. 開発者メニューが有効になるので「設定」→「開発者向けオプション」→「USBデバッグ」をチェック

とします。

OKを押すとWug’s Nexus Root Toolkitが起動します。

Nexus Root Toolkit

USBドライバの更新

念のためUSBドライバを更新しておいたほうが良いでしょう。下記の記事に従って、いったんUSBドライバをアンインストールした後に、再度ドライバをインストールしてください。

なお私の環境では前回までは「PdaNet Drivers」を推奨されていたのですが、今回は「RAW Driver」を推奨されるようになりました。

まとめ

今回はAndroid 4.2.1にアップデートした際に失ったルート権限を取り戻すために、最新版のWug’s Nexus Root Toolkit (v1.6.1)をインストールしました。

次回は今回インストールしたNexus Root Toolkitを使って再ルート化に挑戦します。