その他ソフトウェアの本

ここは、個別のソフトウェアに関する本の紹介です。

CVSによるオープンソース開発

バージョン管理システムとして利用されているCVSの解説本です。

CVSは多くのオープンソースプロジェクトでバージョン管理ツールとして使われいます。その特徴は、複数の人が1つのプロジェクトの開発に携わることを考慮しているところです。この特徴により、オープンソースプロジェクトだけでなく、会社や研究室内でのチームプログラミングにおいても大変有用です。

私は、CVSを会社の開発で使ってみようと思っていたころ、この本を見つけ購入しました。この本の初版は、日本語で書かれた最初のCVS解説本ではなかったかと思います。

内容は、CVSの基本的な使い方から、CVSの考え方・ブランチの運営の仕方まで述べられており、CVSを使いこなすには十分なものとなっています。また、WinCVS等のGUIクライアントに関しても本の少しですが触れています。

ただ、オープンソースと言うことにこだわりがあるためか、初版では、奇数章がオープンソースの考え方、偶数章がCVSの使い方と言うようになっており、少し読みにくい点が気になりました。この点は、改訂版の「CVSによるオープンソース開発」で見直され、修正されているようです。

オススメ度:★★★★☆

入門Meadow/Emacs

MeadowはWindows用のEmacsです(Emacsは大変強力&独特なエディタです)。

この本を買う前に私はMeadowを使っていたのですが、本屋でフラフラしていた時、Meadowを前面に出した本は珍しいと思い、この本を買いました。

内容的には、インストールからMeadow上のツールの使用法、カスタマイズまでと言う感じです。上記のように私は既にMeadowを使っていたので、この本の全てが役に立ったと言うことはありませんが、いくつか新しい発見があり、Meadowをさらに便利な環境にすることが出来ました。

この本で気になる点が、Meadow上でメールを読む際に使っているのが、Gnusというところです。Gnusを使っている人って多いのでしょうか? なんとなく、MewとかWanderlustのほうが多そうなのですが…

オススメ度:★★★☆☆

フォローする