ヨルダンでプリペイドSIMを使う その4: Zainの使い方

ワディラム

前回はヨルダンで購入したZainのプリペイドSIMカードを使えるようにしました。

今回はこのプリペイドSIMカードのステータス確認などの使い方について紹介したいと思います。なお、一部については実際に現地で確認できなかったので、Zainのサイト上の情報をベースとしています。

残高確認

いろいろ調べてみるとZainの残高確認方法については情報が錯そうしています。

私が事前調査では残高確認は「*121*2#」に発信でした。しかし、これを実行すると次のようにアラビア語が表示されて訳が分かりません。残高ならば数字が出るはずなので、なにかが間違っているようです。

残高確認失敗

そしていろいろ探して探し当てたのが「*116#」です。これを実行したところ無事に残高「1JD」が表示されました。

残高確認成功

どうも、残高確認の方法はプリペイドSIMカードの種類(プラン)によって違うような気がします。私のように「Mish Tabee3i」を利用している人は「*116#」でよいのだと思います。

なお、「13-07-2015(2015年7月13日)」は有効期限です。購入したのが6月13日ですので1ヶ月間有効のようです。

インターネットパッケージの残量確認

インターネットパッケージの残量の確認方法については店員さんに聞いておいたのですぐできました。

Mish Tabee3iプランの場合は「*116*2#」で次のように残りの通信容量が表示されます。

インターネットパッケージの残量確認

この例ではあと4531.449MBの通信ができることを示しています。

なおその下の「50」というのは、おそらく残りのSMSの回数だと思います。Mish Tabee3i Turboプランには50通のSMSが含まれていますので、まだ50通残っているということを表しているのではないかと思います。

なお、Mish Tabee3iプランではなく個別にインターネットパッケージを申し込んだ場合は、残量確認は「*121*2#」のようです。

無料通話の残量確認

Mish Tabee3iプランにはデータ通信とSMSのほかに通話料も含まれています。あとどれくらい通話できるかを確認するためには「*116*1#」を利用します。アラビア語が読めないため実は推測なのですが多分正しいと思います。

無料通話の残量確認

この例では、Zain間であと5000分の通話が、Zain外と50分の通話ができることを示しています(たぶん)。何のことはありません、Mish Tabee3i Turboを契約してから1回も通話を指定なので、初期値が表示されているだけです。

リチャージ(TOP UP)

私はリチャージすることがなかったので、これはインターネット上で調べた情報です。

リチャージするにはスクラッチカードかElectronic Voucherを入手する必要があります。

スクラッチカードはその名の通り削ると14桁の数値が出てくるカードです。種類としては3, 5, 9, 12, 20, 36JDの6sy類があるようです。また、データ通信の料金にだけ割り当てられるブロードバンドスクラッチカードというものもあるようです。

Electronic Voucherはコンビニなどのレジで入手することができます。レシートに14桁の数値が印刷されるタイプです。

いずれにしても「*114*」に続けて14桁の数値を入力し、最後に「#」を入力してから発信するとリチャージすることができます。

インターネットパッケージの追加

インターネットパッケージ付属しないプリペイドSIMカードを購入した場合や、Mish Tabee3iのデータ通信量を使い切った場合はインターネットパッケージを申し込む必要があります。

期間 データ通信量 価格
1日 50MB 0.5JD
1ヶ月 300MB 4JD
1ヶ月 500MB 6JD
1ヶ月 1GB 8JD
1ヶ月 2GB 15JD

申し込みは「*240#」で表示されるメニューで行います。

最初に言語選択ができるので「2」を入力して英語を選択します。

インターネットパッケージの追加 1

続いてメニューが出るので「2」を入力してインターネットパッケージのメニューに進みます。

インターネットパッケージの追加 2

通常のインターネットパッケージかFacebook・WhatsApp専用のパッケージか選べますので、「1」で通常のインターネットパッケージを選択します。

インターネットパッケージの追加 3

問題は次の選択肢です。選択肢だけ見ると「1」が4G(LTE)専用のインターネットパッケージ、2がそれ以外のインターネットパッケージのように見えます。しかし、試したところ「1」を選ぶと上記のインターネットプランが出てきますので「1」を選ぶ方が正解のようです。

インターネットパッケージの追加 4

次に「自動更新」申し込むか、「1回限り(手動で更新)」で申し込むかを選択します。旅行者なら「2」でよいでしょう。

インターネットパッケージの追加 5

ようやくこれでインターネットパッケージの一覧が出てきます。1~5は上記の表示対応しています(2~5は1ヶ月間です)。申し込みたいパッケージの番号を入力します。

インターネットパッケージの追加 6

パッケージの番号を送信すると次のような確認画面になります。下記は3の500MB/6JDのパッケージを申し込んだ場合です。Price isの次の数値(6JD)が申し込みたいパッケージの価格と一致しているかどうかを確認しましょう。問題なければ「*」を入力して送信をします。

インターネットパッケージの追加 7

これで申込み完了です。しばらく待つと成功・失敗を知らせるSMSが送られてきます。

インターネットパッケージの追加 8

ちなみに失敗すると次のようなSMSが送られてきます。この時は残高が1JDしかないのに6JDのプランを申し込んだので残高不足で失敗ということになってしまいました。

インターネットパッケージの追加 9

ちなみに途中で「2 More Internet Bundles」を選ぶと次のようなパッケージが表示されます。

インターネットパッケージの追加 10

まとめ

今回はヨルダンで購入したZainのプリペイドSIMカードの使い方を紹介しました。

購入したプリペイドSIMカード(プラン)の種類によって残高確認のコマンドが違うようなのがちょっと戸惑うところです。買った時に店員さんに教えてもらうのが確実だと思います。

次回はZainのプリペイドSIMカードの実際の使い勝手について紹介します。