韓国でプリペイドSIMを使う: ポケットルータで対応

昌徳宮

タイに続くAQUOS PHONE SH-12Cの海外遠征。今回は韓国偏です。

下調べ

とりあえず困ったときのGoogle。「韓国 プリペイドSIMカード」などのキーワードで検索してみたところ、なんとプリペイドSIMカードは売っていないらしい。

海外からSIMロックフリーの端末を持ち込んでもそのままでは利用できず、国だか自治体だかにその端末を登録しない限りは韓国内のSIMカードと組み合わせて使えないらしい。

韓国=IT先進国=SIMロックフリーかと思いきや、韓国はあくまでも戦時中(北朝鮮と休戦中)なので移動体通信関係は厳しいのかもしれません。

代替案

ドコモの海外パケホーダイという手もありますが、あれは1日2000円近くしてあまり使いたくありません。

そこでいろいろ調べてみると、携帯モデム・ルータ(いわゆるポケットルータ)のレンタルがあることを発見。しかもWiBro(ワイブロ)という4G規格で高速とのこと。日本で言うWiMAXみたいなものでしょうか?

とりあえず、韓国ではWiBroのポケットルータ作戦で行くことにしました。

どうやって借りるか

いきなり韓国へいって空港で借りる方法と、日本から予約しておいて空港でピックアップする方法があります。空港で借りる場合の話は下記ののIT Mediaの記事が参考になります。

韓国で「快適・高速」なデータ通信環境を整えるにはどうすればいいか。今回は韓国版WiMAX「WiBro」端末のレンタルと、UQ WiMAXのローミングサービスで環境を整える方法を解説する。ちなみに「15Mbps」もの、うほほっな速度が出る。

私は、空港でポケットルータの在庫切れだったらいやなのと、到着が金浦空港に夜22:40着ということで空港のお店がしまっている可能性がある(実際しまっていました)ので、事前に予約して夜中に何とか空港でピックアップするか、次の日の朝にソウル市内でピックアップする方法を模索しました。

WiBroのポケットルータのレンタル取次ぎをしている会社はいろいろあって、大体相場は1日600~800円弱。

そんな中で、1日6000ウォン(約400~450円)でレンタルできる代理店(Koreainfo.jp)を見つけたので、そこに問い合わせてみると23時までだったら金浦空港で受け渡しOKとのこと。

金額も安いし、こちらにお願いしました。

WiBroのポケットルータのレンタル

レンタル条件は下記のとおりでした。

  • 代理店: Koreainfo.jp
  • レンタル期間: 2012/2/17~19 (3日間)
  • 受取:  2/17 22:20~23:00 ソウル金浦空港
  • 返却:  2/19 23:00 ソウル駅2階 Olleh ラウンジ
  • 料金: 18,000ウォン (=約1300円)

実は、2/17は夜中に借りたのでほとんど利用時間がないのですが、料金は24時間で1日とカウントするのではなく、カレンダー上の1日でカウントするとのことなので3日分のレンタルとなりました。

金浦空港では到着出口のところで待っていてくれて、スムーズに支払い&手続き完了しました。

レンタルの中身

さて、いったい何が渡されるのかというと、こんな感じです。

  1. WiBroのポケットルータ(Eggという商品名)
  2. ポケットルータを入れるケース
  3. ポケットルータの充電器
  4. 充電式の予備電池。モバイルブースターみたいなもの。
  5. 4の予備電池とポケットルータをつなげるためのマイクロUSBケーブル
  6. 4の予備電池の充電器。新品を渡されました。
  7. 一式を入れるケース
WiBroレンタル

WiBroレンタル

予備電池までついてきて至れり尽くせり。

以前は、予備電池はポケットルータ内蔵用のものを渡していたそうですが、本体と予備電池を同時に充電できるように外付型の予備電池に変更したといっていました。

使い勝手

設定

使いか方は実に簡単。WiBroのポケットルータのふたをはずすと、SSIDとパスフレーズが書いてあります。

なので、ポケットルータの電源を入れてしばらくしたら(起動に数十秒かかる)、AQUOS PHONE SH-12CのWiFiをONにしてアクセスポイントを探して、接続するだけです。

もちろん、一度設定すれば、AQUOS PHONE SH-12CのWiFiをONにするだけですぐにつながります。

使用可能エリア

ソウル市内ならまずOK。地下鉄でも問題なく通信できたのには驚きました。

ただ、ツアーで北朝鮮国境のほうに行ったのですが、そちらでは残念ながら使えませんでした。

ま、普通の旅行をしている分には問題ないようです。

速度

実に快適。少なくても日本国内で3G回線で使用しているより快適です。

一度ソウル市内で速度を測ってみましたが、上下ともに4Mbps程度でていました。

WiBroの通信速度

WiBroの通信速度

バッテリのもち

実はこまめに電源を切っていたので、予備電池を使うことで2日間で充電することはありませんでした。ただ、実際問題としてはぎりぎりでした。

朝起きてから夜ホテルに帰るまでだったら、予備電池があれば問題なく使えるはずです。

むしろAQUOS PHONE SH-12Cの方の電池が厳しい気がします。

まとめ

韓国ではプリペイドSIMカードの購入ができないので、モバイルインターネットがしたい人はWiBroのポケットルータを借りましょう!